イオンリテールがレジシステムで導入 - Scanditが日本法人を設立

イオンリテールがレジシステムで導入 - Scanditが日本法人を設立

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/11/20
No image

Scanditは11月19日、日本法人を設立したことを発表した。

頬の動きが0.1秒でも遅いと顔の魅力度が低下する、ポーラと工学院が確認

同社は2009年にスイス、チューリッヒにて設立。コンピュータービジョンとAI技術によって複数のバーコードやQRコードを1秒以内に読み取る事ができる技術と読み取った情報をリアル空間に組み合わせるAR技術に強みを持ち、すでに世界で1000社以上の導入実績を持つという。

自社の開発拠点において、日々大量の教材データを学習させていることもあり、破損したバーコードや自然光下など、読み取りの精度が低下する条件下でも高精度な読み取りが可能であるとしている。

同社は、バーコードなどの読み取り技術やAR技術をカメラ搭載の任意デバイスやアプリケーションに組み込めるソフトウェア開発キット「Scandit Barcode Scanner SDK」の販売という形で、これらの技術を提供しているという。

日本でもすでに、東急ハンズやイオンリテールなど20社以上の導入実績があり、特にイオンリテールではレジに並ばず商品を買う事のできるサービス「レジゴー」にScanditのソリューションが採用されているという。

サービス導入店舗での調査では今後も利用したいとの意向が半数を超えるなど、顧客からの評価も高く、顧客自身がスキャンをすることによる買い忘れ防止効果から、客単価も通常レジと比べて500円上回るなど利用者側、販売店の両者にメリットがみられたという。
また、従業員からはレジのヘルプ業務の時間が減り、他の業務に集中ができるようになったなどのフィードバックもあったとしている。

なおScanditは今後の日本地域に対する戦略として、小売市場が大きく、人手不足などの課題を抱えていることを踏まえ、流通、小売り、運輸、物流、製造などをターゲットに市場の拡大を狙っていくとしている。

和根﨑友梨子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加