“MVP+5冠王”イ・ジョンフ、「悪魔のエージェント」スコット・ボラス氏とタッグ

“MVP+5冠王”イ・ジョンフ、「悪魔のエージェント」スコット・ボラス氏とタッグ

  • WoW!Korea
  • 更新日:2023/01/25
No image

“MVP+5冠王”イ・ジョンフ、「悪魔のエージェント」スコット・ボラス氏とタッグ(画像提供:wowkorea)

今シーズンを終えた後、「ポスティングシステム」を通じてメジャーリーグに挑戦するイ・ジョンフ(24、キウム・ヒーローズ)が“悪魔のエージェント”スコット・ボラスと手を組んだ。

「MLBネットワーク」のジョン・ヘイマン氏は25日(日本時間)、「KBOリーグMVPイ・ジョンフがスコット・ボラスと契約を結んだ」とし「イ・ジョンフは来シーズンが終わった後、FA資格を得る」と伝えた。

イ・ジョンフは昨シーズンが終わった後、メジャーリーグ進出をめぐって苦心の時間を過ごした。国際大会の成績によって、今シーズンが終わった後、ポスティングシステムではなくFAでメジャーリーグ進出を狙うことができるからだ。

しかし、イ・ジョンフはキウムとの相談の末、FAではなくポスティングを通じてメジャーリーグに挑戦することに決めた。キウムもまた去る2日「イ・ジョンフのメジャーリーグ進出のためのポスティング申請を許可した」と公式発表した。

当時、キウムは「球団は内部の話し合いを通じて、メジャーリーグ挑戦の意志と考えを尊重し、応援することで意見を集め、球団レベルで助けられる部分は支援することに方針を決めた」と説明した。

イ・ジョンフは現在、KBOリーグ最高の選手と呼ばれる。2017年、新人ドラフトでネクセン(現:キウム)の指名を受けてプロ生活をスタート。6年連続3割打率をマークするなど通算798試合に出場し、1076安打59本塁打、打率.342、OPS .902というものすごい成績を記録している。

イ・ジョンフは昨年142試合に出場し、193安打23本塁打、113打点、85得点、打率.349、OPS.996の成績をもとに打率と出塁率、長打率、打点、最多安打部門5冠王と正規シーズンMVPに選ばれた。

イ・ジョンフと手を組んだスコット・ボラスは韓国の野球ファンにも馴染みのある人物だ。「悪魔」と呼ばれるスコット・ボラスはパク・チャンホをはじめ、チュ・シンス、リュ・ヒョンジンのエージェントとして活動した。

イ・ジョンフはひとまず今シーズンを無事におこなうことが最も重要だが、スコット・ボラスと手を組んでメジャーリーグに挑戦する基本的なことをすべて備えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加