古川雄輝 「ねこ物件」は「究極の癒やし映画」 猫ファーストな撮影秘話明かす

古川雄輝 「ねこ物件」は「究極の癒やし映画」 猫ファーストな撮影秘話明かす

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/08/07

俳優の古川雄輝(34)が6日、都内で公開中の主演映画「劇場版 ねこ物件」(監督綾部真弥)の公開記念舞台あいさつに登場した。今春テレビ神奈川などで放送されたオリジナルドラマの劇場版で、猫付きのシェアハウスを舞台にしたハートフル・ストーリー。古川は「本当に究極の癒やし映画。可愛い猫ちゃんたちと、登場するおいしいご飯…。この夏にピッタリなので、ぜひ劇場に来ていただけたら」とアピールした。

No image

「劇場版 ねこ物件」の公開記念舞台あいさつに登場した(左から)長井短、古川雄輝、細田佳央太

現場は常に“猫ファースト”。これまで同作品のイベントでは、猫のご機嫌やご飯に合わせてスケジュールをずらすなどの撮影秘話が明かされていた。今回さらに古川は「外での撮影の時は、安全に配慮して糸でくくったり、カメラの反対側にネットを張ったりしていた。カチンコも猫ちゃんを驚かせないように、音の調節をしたりして臨みました」と振り返った。

舞台あいさつには共演の細田佳央太(20)長井短(28)らも登壇。写真撮影では劇中に出演した猫3匹も登場し、出演者全員でメロメロになっていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加