K-POP公演企画事務所代表、インドネシアで逮捕...「韓国人7人」拘禁

K-POP公演企画事務所代表、インドネシアで逮捕...「韓国人7人」拘禁

  • 中央日報日本語版
  • 更新日:2022/11/26
No image

移民法違反などの疑いで逮捕された韓国人[写真 インドネシア移民局]

インドネシアでK-POP公演を企画し、オーディション番組を進めていた韓国人7人が移民法違反などの疑いで現地当局に逮捕された。

24日、インドネシア移民局などによると、移民局は到着ビザ(VoA)でインドネシアに入国し、オーディション番組を制作したテレビ番組制作関係者6人と、彼らを雇用した2人など韓国人8人のパスポートを押収し、このうち7人を拘禁した。

彼らは韓国のある公演企画事務所の代表A氏と外注制作会社の関係者などだ。

A氏はインドネシアで韓国ボーイズグループのメンバーを選ぶとし、公開オーディションを企画した。A氏は、このオーディション過程を撮影し、放送番組としても作るとして外注製作会社のPDや関係者などをインドネシアに呼び寄せた。

だが、プログラム制作者たちは正式の労働ビザではなく、観光などのための訪問ビザで入国し、労働許可なしにジャカルタなどでオーディション番組を進行した。

この事実が知らされると、移民局は21日オーディションが行われていたジャカルタ内のあるショッピングモールで制作会社関係者を移民法違反などの疑いで逮捕した。また、彼らを雇用したA氏には外国人を違法に採用した疑いを適用したという。

インドネシアでは移民法に違反し、5億ルピア(約440万円)以下の罰金、または5年以下の懲役に処する。

A氏は移民法と労働法違反の疑いの他にも詐欺の疑いでも調査を受ける可能性もある。

A氏はジャカルタで11日と12日の2日間『We all are one』というタイトルで9人の韓国歌手が参加するK-POP公演を企画していた。A氏は1万2000席規模の競技場で2回の公演を行う計画で、チケットも事前に販売した。

だが、チケットは予想とは違って半分も売れず資金難など各種悪材料が重なると、A氏は4日公演を2023年1月に延期すると発表した。

すでに売れたチケットの払い戻しがきちんと行われず、購入者の不満が高まっている。チケット購入者たちはツイッターに「#weallarone_refundmymoney」というハッシュタグをつけるなど抗議している状況だ。

したがって、インドネシア当局がA氏を取りあえず移民法と労働法違反の疑いで逮捕した後、今後詐欺容疑に対しても調査するという予測も出ている。

インドネシア移民局長代行のウィドド・エカチャジャナ氏は「多くのインドネシア人が公演チケットを購入して被害を受けたので、法に則って事件を処理する計画」とし「K-POPコンサート関連の詐欺に注意してほしい」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加