ソフトバンク真砂3年ぶり弾「流れ乗せてもらった」

ソフトバンク真砂3年ぶり弾「流れ乗せてもらった」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/10/18
No image

ソフトバンク対楽天 8回裏ソフトバンク2死一、二塁、真砂は左越え3点本塁打を放つ(撮影・岩下翔太)

<ソフトバンク11-4楽天>◇18日◇ペイペイドーム

ソフトバンク8年目の真砂勇介外野手が3年ぶりアーチとなる今季1号3ランを放った。

リードを4点に広げた8回、なお2死一、二塁。宋家豪のスライダーを左翼へかっ飛ばした。「前の打席が悔しい結果(空振り三振)だったので、あの打席で打ててよかった。チームのいい流れに乗せてもらいました」。途中出場の26歳が1イニング7得点の猛攻を完結させ、存在感を見せた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加