K-POP最前線 デビュー前に渋谷109を飾ったTREASURE、NCTの人気【次世代人気ランキング】

K-POP最前線 デビュー前に渋谷109を飾ったTREASURE、NCTの人気【次世代人気ランキング】

  • AERA dot.
  • 更新日:2021/05/02
No image

NCTのグループの一つWayV(Getty Images)

一過性のブームを超えて人気が定着したK-POP。ニュースサイトのAERAdot.では、好きなK-POPの男性グループに関するアンケートをインターネット上で実施し、幅広い世代から計1万3243件の回答が寄せられた。今回は、注目の次世代グループについて。ファンの声とともにランキング形式で発表!

【K-POP人気ランキング】1位から20位の結果は?

>>【K-POPアンケート結果(1):マッチョな肉体と童心にギャップ萌え? BTS、東方神起を超えた意外なグループ】から続く

*    *  *

アンケートはインターネット上で、4月5日~4月20日の16日間で実施。好きな男性グループ、次世代で注目のグループ、歌がうまいと思う人、ダンスがうまいと思う人などを理由とともにたずねた。回答者の年齢は、40代3746件(28.3%)、50代3309件(25%)、30代2113件(16%)、20代1825件(13.8%)だった。98.7%を女性が占めた。

今回は、デビュー7年未満(2015年以降)の次世代グループの中で気になるグループを、回答数の多い順にランキング形式で集計。上位5組について、K-POPに詳しい2人の識者の解説を交えながら紹介したい。

識者の1人はK-POPアーティストのダンスを解説するYouTubeチャンネル「ARATA DANCE SCHOOL」を運営するARATAさん。もう一人は『推しがいなくなっても、ぼくはずっと現場(ここ)にいる―誰も語らなかったアイドルヲタクのリアル―』などの著書がある、あくにゃん(阿久津愼太郎)さん。早速結果をみていこう。

■    5位 TOMORROW X TOGETHER(TXT) 586票

2019年、韓国デビュー。BTSと同じ事務所。BTSはすでに世界的な人気が高まっていたため、その弟分としてデビュー当時から注目された。5人とも「アイドル」らしい整った顔だが、歌やダンスは本格的だ。

「5人の顔面偏差値が非常に高い。歌もダンスも上手で万人ウケするグループだと思います」(20代女性)

「歌やダンス意外にも礼儀正しさなどBTSのDNAを、しっかり受け継いでいる」(40代女性)

「MVにストーリー性があり、曲の雰囲気も爽やかなものや青春らしいものが多くて大好きです」(20代女性)

実はあくにゃんさんが推す次世代グループもTXTだ。

「BTSが社会的偏見や抑圧に立ち向かうというコンセプトだとしたら、TXTは可愛らしいファンタジー系。MVにリスが出てきたり、木が踊り出したりする世界観です。しっかり差異化されている感じがします」

■ 4位 TREASURE 815票

YGエンターテイメント所属。K-POPのレジェンド的存在のBIGBANGや今や世界的な人気を誇るBLACKPINKが輩出した事務所だ。サバイバル番組「YG宝石箱」から生まれた12人組のグループで、番組終了から紆余曲折を経て2020年8月に韓国デビューした。日本では今年の3月末にデビューしたばかり。日本人メンバー4人も韓国で切磋琢磨して、実力を磨いてきた。

「BIGBANGやBLACKPINKの弟グループなので注目度も高いし、なにより幼少期からアイドルを目指している子がほとんどなので、新人グループとは思えないほどの実力があります」(19歳以下女性)

「デビュー前に1年間の空白期間がありましたが、ファンとYouTubeのコンテンツを通じてブランクを乗り越え、2020年にやっとデビューすることができました。苦労が多い分、実力も高く次世代K-POPアイドルを担う存在になると期待しています」(19歳以下女性)

「デビューしてまだ8カ月だけど、新人賞を多数獲得し、渋谷109の巨大看板を飾るなど、勢いがある」(19歳以下女性)

TREASUREは、ARATAさんも目をつけていた。ARATAさんは次のように解説する。

「YGエンターテインメントは、2016年デビューのBLACKPINK以降、新人グループを出していない状況だったのですが、満を持してデビューしたのがTREASUREです。なので、彼らのデビュー曲『BOY』は非常に力が入っていて、パフォーマンスも映像もクオリティーが高いです」

■    3位 ENHYPEN 1342票

こちらもサバイバルオーディション番組から生まれたグループ。デビューは2020年11月。オーディション番組からデビューしたグループは、ファンが成長過程を見守っているため、思い入れも強い。4月26日にカムバックしたばかり。

「カムバックをずっとワクワクしながら待っていました。これから爆発的に伸びるグループ」(40代女性)

「サバイバルオーディション番組で見た、彼らのひたむきな姿に心を打たれました。デビューまでの道のりを知っているからこそ、成功してほしい気持ちが強いです。魅力と可能性に溢れるメンバー達にも注目していますし、音楽好きに刺さりそうなテイストのデビュー曲が気に入っています」(20代女性)

アンケートには、日本人メンバーであるNI-KI(15歳)を応援する声が多く寄せられていた。

「SHINeeのコンサートでSHINee kidsのダンサーをしていたNI-KIがいるので応援しています。あの時は小学5年生だったのにすっかりイケメンになってダンスも更にパワーアップしてデビューした時は嬉しかったです」(40代女性)

まだ10代のNI-KIは、単身渡韓し、見事デビューを勝ち取った。ARATAさんは、K-POPに憧れる下の世代のロールモデルになりうる存在としても注目している。

「これから磨きがかかってくるので、間違いなく世界で活躍していく存在になります。だから、NI-KIくんをみて、また下の世代の子たちが海外を目指そうと思うような影響力も秘めていると思います」

■    2位 Stray Kids 3060票

NiziUの生みの親、J.Y. Park(パク・ジニョン)率いるJYPエンターテイメント所属。事務所の先輩の「TWICE」の弟分のような存在。2020年3月に日本デビュー。正式デビュー前にも日本でライブを行っている。若手グループが競い合う、音楽番組『KINGDOM : LEGENDARY WAR』(4月1日よりABEMA独占配信)に出演中で、いま最も勢いに乗っているグループの一つだ。

「MVの再生数が1億回再生超えの楽曲が複数あり、インスタのフォロワー数も男性グループの中ではBTSの次に多いので、世界人気が非常に高いグループだと思います」(40代女性)

「米TIME誌が選ぶ「2020年のベストソング10」にK-POPで唯一選ばれたのがStray Kidsの『Back Door』でした。曲としても注目されていて、これからもっと飛躍すると思います」(20代女性)

■    1位 NCT (127、DREAMなどすべて含む) 4379票

東方神起やEXOなどのSMエンターテイメントに所属している。NCTはネオ・カルチャー・テクノロジーの略で、メンバーは計23人。派生ユニットがいくつかあり、構成が複雑だが、SMらしい高いビジュアルとパフォーマンスで魅了する。

「デビュー時からクセのある曲が多く、ダンスも含めて中毒性がある。NCT 127『Simon Says』のダンスプラクティス動画が特に好きで何回も見返している。ダンスナンバーだけではなくR&B、バラード、Hip Hop、オールドスクール、EDMなど多彩な楽曲をこなしているので、お気に入りを見つけてほしいです!」(30代女性)

「名前のネオ・カルチャー・テクノロジーとあるように、新しい文化や技術を取り入れたグループ。23人全員の名前を覚える頃には沼落ちしてしまう。キラキラしたアイドルらしくない、難解ソングがたくさんありますが、それがネオカルです。23人いますから、どんな曲であろうとコンセプトを消化して毎回新しい姿を見せてくれるところが最高です」(20代女性)

NCTの特筆すべき点は、ダンススキルの高さ。全員がハイレベルで、かつグループとしての見せ方にもたけているという。ARATAさんも次のように認める。

「次世代グループは、動線と角度を細かく決めることによって生まれるシンクロを大事にする“カルグンム″を重視するグループが多いかと思います。特にNCTの『RESONANCE』は23人でパフォーマンスがあるのですが、本来であれば、5がメインで、18人はバックダンサーのはずなんですけど、全員がメインどころの人たちという、すごい光景になるんです」

NCTでも日本人メンバーの活躍が見逃せない。NCT127には日本人メンバーのユウタがいる。昨年、2人目の日本人メンバー、ショウタロウの電撃加入も日韓で話題になった。

「日本人メンバーのユウタは、まだK-POP界に日本人が少ない頃から単身で渡韓して頑張っている。ショウタロウは韓国語があまり喋れない状態で急にメンバー入りして大変だろうにダンスの上手さで注目を浴びている。もっと日本で売れて欲しい。世界では売れている」(50代女性)

あくにゃんさんはNCTの魅力をこう話す。

「NCTはファンが新規参入しにくいグループなのでは?とNCTのファンからも心配されています(笑)。それは、NCT内にユニットが多数あり、それを覚えられるのかというハードルがあるからです。でも、だからこそ、覚えようとする時点でファンの熱量が相当高いとも言えます。また、SMエンターテインメントは、『SMファミリー』としてタテの軸を意識していて、ファンも親子2代で応援する人たちも多いです」

実際、こんなファンの声もあった。

「東方神起、SUPER JUNIOR、SHINeeの後輩だけあって、安心して応援できる。日本人メンバーがいる安心感もある」(40代女性)

それぞれに魅力があり、競い合う次世代グループ。日本人メンバーにも世界に羽ばたいてほしい。

>>【K-POPアンケート結果(3):再生回数が異常!K-POPブームを引っ張る日本人メンバーのダンスとは アンケート1万3243件の声】に続く

(AERAdot.編集部 岩下明日香)

岩下明日香

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加