中山雄太、今季2点目。セットプレーからヘディングで叩き込む

中山雄太、今季2点目。セットプレーからヘディングで叩き込む

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2021/02/21
No image

【写真:Getty Images】

【エメン 3-2 ズヴォレ オランダ1部第23節】

オランダ1部リーグ第23節のエメン対ズヴォレが現地時間20日に行われた。試合は3-2でホームのエメンが勝利した。ズヴォレのDF中山雄太がフル出場し、今季2点目を記録している。

リーグ戦で6試合連続先発となった中山。最下位エメンにリードを許す厳しい展開となったが、終盤に中山が一矢報いた。

1-3で迎えた88分、ズヴォレはサイドからFKのチャンスを得ると、ゴール前に入ったボールに中山がヘディングで合わせてゴールを決めている。

しかし、最後まで追いつくことはできずに試合終了。ズヴォレは3試合連続ドローのあとの2連敗で、5試合白星なしという状況だ。

中山は昨年9月に行われた第3節スパルタ戦以来の得点で今季2ゴール目となっている。

なお、DFファン・ウェルメスケルケン際は負傷のため離脱中だ。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加