巨人が逆転負け 八回“勝ちパターン”崩れ...九回は無死三塁もまさかの3者三振

巨人が逆転負け 八回“勝ちパターン”崩れ...九回は無死三塁もまさかの3者三振

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/17
No image

9回無死三塁から三者連続三振に倒れ、呆然とする巨人ナイン=横浜スタジアム(撮影・高石航平)

「DeNA2-1巨人」(16日、横浜スタジアム)

巨人が逆転負け。1点リードの八回にリリーフ陣が打たれた。

勝ちパターンが崩れた。先制直後の八回、先頭佐野に対し、原監督はまず大江をマウンドに送り込んだ。だが、その初球、右翼席上段へ飛び込む同点ソロ被弾。さらに4番手のビエイラが2死二塁のピンチを招き、大和に決勝の適時二塁打を打たれた。

打線は七回まで井納に4安打無得点。八回、代わったパットンから連打でチャンスを作り、坂本の中犠飛で先制したが、八回に落とし穴が待っていた。

九回は先頭田中俊が三塁打を放ったが、大城、立岡、吉川尚がまさかの三者連続三振。三嶋にねじ伏せられ、ゲームセットとなった。

DeNA・佐野は球団タイの5試合連続本塁打で20号到達。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加