前十字靭帯断裂のエルナンデス、無事に手術。ミュンヘンでリハビリへ

前十字靭帯断裂のエルナンデス、無事に手術。ミュンヘンでリハビリへ

  • FUSSBALL.JP
  • 更新日:2022/11/30
No image

©️Getty Images

リュカ・エルナンデスが無事に、右膝の十字靭帯断裂後の手術を受けたことが明らかとなった。これはバイエルン・ミュンヘンが発表したものであり、今回の手術はクリスチャン・フィンク医師執刀の下で行われ、今後はミュンヘンでリハビリを行なっていくという。

エルナンデスはワールドカップ・グループリーグ初戦、オーストラリア代表戦にて負傷交代を余儀なくされており、その後に前十字靭帯断裂が判明。これから非常に長期にわたり離脱を余儀なくされることになるのだが、ただバイエルンのサリハミジッチSDはそれでも、今冬の移籍市場で特に動きにでるわけではない考えを示している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加