【警戒】観測史上1位の積雪も 岡山北部25日夕方にかけ大雪 交通障害に警戒を【岡山】

【警戒】観測史上1位の積雪も 岡山北部25日夕方にかけ大雪 交通障害に警戒を【岡山】

  • OHK岡山放送
  • 更新日:2023/01/25
No image

岡山放送

岡山県北部では、25日朝にかけて積雪や路面の凍結による交通障害に警戒してください。

気象台によりますと、この冬一番の強い寒気が流れ込み、25日夕方にかけて北部を中心に大雪となり、特に25日朝にかけて雪が強く降る見込みです。積雪や路面の凍結による交通障害に警戒してください。カーポートなど簡易な建築物や老朽化している建築物などは倒壊のおそれがあるため、近寄らないように注意してください。ビニールハウスは倒壊のおそれがあるため注意が必要です。南部でも大雪となる所があるでしょう。

また、26日にかけては気温が平年よりかなり低くなる見込みです。水道管の凍結や路面の凍結に注意してください。

<雪の実況>

■25日05時現在の積雪の深さ

真庭市上長田 82センチ

新見市千屋  61センチ

美作市今岡  46センチ

津山  44センチ ※

※津山では、積雪の深さが観測史上1位の値を更新しました。

津山  46センチ 25日2時

<雪の予想>

■25日6時から25日18時までに予想される12時間降雪量は、いずれも多い所で、

北部 山地 25センチ

平地 10センチ

南部     5センチ

■25日6時から26日6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で、

北部 山地 30センチ

平地 15センチ

南部    10センチ

<防災事項>

積雪や路面凍結による交通障害、電線や樹木への着雪、なだれ、水道管の凍結、落雷、突風、農作物や農業施設の管理

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加