勘が鋭い人の特徴は?男性より女性の方が勘が鋭いって本当?

勘が鋭い人の特徴は?男性より女性の方が勘が鋭いって本当?

  • MONEY TIMES
  • 更新日:2021/11/25

日々の生活の中で何気ないことを予言する、あるいは思っていた通りの出来事が起こるなど、勘の鋭さに長けている人は周囲にいませんか?実際、勘が鋭いと言われる人にはどのような共通の特徴があるか気になる方も多いでしょう。この勘の鋭さは女性が持ち合わせていることが多く、実はそれには様々な理由があるのです。今回は、勘が鋭い人や逆に鈍い人の特徴、さらに、勘の鋭い人になるための方法を徹底解説していきます。

■勘が鋭いの意味とは?

No image

(画像=『KASHI KARI』より引用)

私たちが持つ「勘」とは、物事の正しい意味や本質から反れていることや、直感的に見極める力を持つことを指しています。そのため、「勘が鋭い」と言われる人は、自分の本質が活かされ、感覚的に物事を判断することができる能力に長けていると言えるでしょう。

この勘の鋭さは、私たちが生きる上で活かされるシチュエーションも多く、持ち合わせていると優れた能力を発揮することができます。

■勘が鋭い人に共通する6つの特徴

No image

(画像=『KASHI KARI』より引用)

ここからは、勘が鋭いと言われる人が持つ共通の特徴を6つご紹介します。いったいどのような特徴を持つからこそ、勘の鋭さがうかがえるのか、感が鈍い方からするととても不思議に思うことでしょう。それではひとつずつ確認していきましょう。

●勘が鋭い人の特徴①観察力が優れている

No image

(画像=『KASHI KARI』より引用)

勘の鋭さは、普段からの観察力に直結すると言われています。そのため、人を自然と観察する能力や習慣がある方こそ、勘の鋭さが培われると言われているのです。

そのため、相手が隠し事や嘘をついていることがあっても見抜く力を持ち合わせています。このように観察力の高さがうかがえるのが勘が鋭い人が持つ特徴だと言えます。

●勘が鋭い人の特徴②人生経験が豊富

No image

(画像=『KASHI KARI』より引用)

あらゆる物事が目の前に立ちはだかっても、それを計画し、整理していく能力を持つのも勘が鋭い人が持つ特徴です。これは、たくさんの経験を経てきた証とも言えるなど、人生経験が豊富であることに結びついています。

この経験こそが、どんな物事にも適応する能力を養い、自分の勘の鋭さを育むことにつながったのだと言えるでしょう。

●勘が鋭い人の特徴③感情のコントロールができる

No image

(画像=『KASHI KARI』より引用)

勘が鋭い人こそ、物事を客観視する傾向にあることをご存知ですか?そのため、どのような出来事が起こっても、感情で物事に対して行動するのではなく、瞬時に状況判断を行いながら、自分の感情を自在にコントロールすることができるのです。

そのため、感情的になって物事を捉え、言い合いになったり争いが勃発するようなこともありません。観察力や洞察力を身に着けた勘の鋭い人にはそのような感情的な言動が見受けられないのもひとつの特徴だと言えるでしょう。

●勘が鋭い人の特徴④直感に従う

No image

(画像=『KASHI KARI』より引用)

自分が直感的に感じたことをそのまま実行に移すのも勘が鋭い人の特徴だと言えます。そのため、思い悩むことはなく、思い切った決断力を身に付けているのです。自分の直感を信じ、その通りに行動する傾向です。

これは、これまでの豊富な経験の中で培った技術でもあり、それによって成功を収めるなど、豊富な実績を積んできたからこそできることだからです。この自分の直感を信じ、これからも経験を積むことで、さらに自分という存在価値に自信を持つことができるようになるのです。

●勘が鋭い人の特徴⑤先を読める

No image

(画像=『KASHI KARI』より引用)

自分に起こった目の前の出来事にうろたえることはなく、常に先読みによって人生を楽しんでいるのが勘が鋭い人が持つ特徴だと言えます。そのため、人生を生きる中でも、1年、5年、10年先を見据え、計画的に過ごすことが当たり前であるとさえ思っているのです。

このように、勘が鋭い人は先読みをする人生を過ごし、その時々に応じて臨機応変に物事に対応する能力を持ち合わせていると言えるでしょう。

●勘が鋭い人の特徴⑥物事を論理的に考える

No image

(画像=『KASHI KARI』より引用)

論理的な考えができるのも勘が鋭い人が持つ特徴です。勘が鋭い人は、自分の直感以外にも、周囲からのヒントによって自分の論理的思考が働き、正しい判断を下すことができるのです。

論理的な考えによって自分の考えや思いに正しい道筋をたて、その通りに過ごすことで自然と勘の鋭さを磨き上げることができるでしょう。

■勘が鈍い人の特徴は?

No image

(画像=『KASHI KARI』より引用)

世の中たくさんの人が存在する中で、勘が鋭い人もいれば、逆に感が鈍い人も存在します。では、勘が鈍い人にはいったいどのような特徴がみられるのか、以下にその特徴を3点詳しくみていきましょう。

●勘が鈍い人の特徴①人付き合いが苦手

No image

(画像=『KASHI KARI』より引用)

人とのコミュニケーションを円滑に進めることができない人は感が鈍い人に見られる最も多い特徴です。そのため、人の心をうまく掴むことができず、ぶっきらぼうな態度を取ったりすることもあります。

これにはいくつか原因が考えられていますが、そもそも洞察力がないために、相手の思いを言葉なくして理解する力に欠ける点も多く、さらに意思疎通が困難であるなど、人付き合いが苦手な方ほど勘の鈍さがうかがえることがわかります。

●勘が鈍い人の特徴②性格が天然

No image

(画像=『KASHI KARI』より引用)

人から見るととても天然っぽさが見受けられる人は、自分ではあまりそう感じていないという方も多いようですが、実は勘が鈍い方ほど天然の性格の持ち主であると言われているのです。そのため、周囲の人から見ると肝心なことが抜けていることが多く、鈍感な性格の人ほど勘が鈍い傾向であることがわかります。

●勘が鈍い人の特徴③恋愛で相手の好意に気づけない

No image

(画像=『KASHI KARI』より引用)

自分のペースで過ごしがちな勘が鈍い人は、恋愛で異性に好意を持たれていても、その様子や雰囲気を感じとることができず、相手を不快にさせる可能性がある存在だと言えます。

■男性より女性のほうが勘が鋭い理由

No image

(画像=『KASHI KARI』より引用)

よく耳にすることがあるかもしれませんが、「女性の方が勘が鋭い」などと言われることが多いですが、これはなぜそのように言われているのか疑問に感じたことはありませんか?実は、女性の方が男性よりも勘が鋭いことにはれっきとした理由があるのです。

ここでは、男性と比べても、断然女性の方が勘の鋭さに長けていると言われる理由を以下に2点ご紹介します。納得できる理由を詳しくみていきましょう。

●理由①右脳と左脳の関係性が強い

No image

(画像=『KASHI KARI』より引用)

女性の脳は、物事を直感的に捉える右脳の働きと、物事を分析する論理的な思考を行うことができる左脳の両方がうまくバランスがとれた状態であると言われています。

この右脳と左脳のバランスと結びつく強さが男性よりも強固なものであるからこそ、物事の本質を捉え、素早い結論を下すことができるのです。だからこそ、女性の方が勘が鋭く、その要素が育まれていくと言えるでしょう。

●理由②子育てをするから

No image

(画像=『KASHI KARI』より引用)

女性は子孫繁栄のための能力を持ち合わせています。そのため、赤ちゃんを産み育て、まだ言葉も発することができない赤ちゃんの気持ちを汲み取り、直感的に気持ちを察知し、理解する能力を持っているのです。

この能力こそ、人の心を見抜き、そして論理的な考えではない心の声や思いを感じとることができるなど、自然な能力が発達していったと考えられるでしょう。

その結果、女性には男性とは異なり、生きる中で自然と勘の鋭さが培われ、男性とは比べものにならないほど強く生きる力や感じる力を培っていくことができたと言えます。

■勘の鋭い人になる方法は?

No image

(画像=『KASHI KARI』より引用)

勘の鋭さは、持っていると自分の意思はもちろん、周囲の様子や状況に見合った瞬時な判断を行うことができると言われています。そのため、普段何気に生活する中でも、ぜひ持っておきたいスキルです。

では、このような勘の鋭さを持つ人になるためには何か良い方法があるのでしょうか?ここでは、勘の鋭い人になるために実践してほしい方法を以下に3点ご紹介します。ぜひ自分なりに実践してみてください。

●方法①普段から周りをよく観察する

No image

(画像=『KASHI KARI』より引用)

勘が鋭い人になるには、何気に生活する中でも、自分を取り巻く周囲の環境や人間関係など、あらゆる面において、観察力を身に付けることが大切です。

観察力が身につけば、人の気持ちが理解できるだけではなく、物事の本質を理解することができるようになります。様々なことが見抜けるようになるため、まずは観察力を養っていきましょう。

●方法②直感を大事にする

No image

(画像=『KASHI KARI』より引用)

物事の判断を下す時、誰もが失敗を恐れ、躊躇する場面は多々あることでしょう。それでも、自分が直感的に感じ取ったことを信じ、実行に移すようにしてみてください。この直感が勘の鋭さを育む要素だと言えます。そのため、直感を大切に過ごしていくよう意識してみましょう。

●方法③新しいことにチャレンジする

No image

(画像=『KASHI KARI』より引用)

毎日の暮らしのルーティンを守って過ごすことは何も悪いことではありません。しかし、そのパターン化された生活に、さらに多くの人との関わりを加えていくと良いでしょう。そうすることで、新しいことに触れる機会が増え、人間関係や交友関係もよりよく広げていくことができます。

そして、何事にもチャレンジ精神を持って挑んでみてください。経験が直感力を養う良いきっかけとなるため、たとえ失敗したとしても、どんなことも果敢に挑んでいきましょう。

■勘を鋭くして仕事や恋愛に活かそう

No image

(画像=『KASHI KARI』より引用)

勘が鋭い人は、自分が自然に培ってきた直感力が活かされることで、良い結果を生み出す可能性が高いことがわかりました。そのため、その勘の鋭さは、これからのビジネスでも発揮される上、プライベートで恋愛の場面でも活かされるはずです。

ぜひこの記事でご紹介した勘が鋭い人や鈍い人の特徴や、また、勘を鋭くさせるために行うべき方法など、様々な情報を参考に、ぜひ自分の勘を養い、ビジネスや素敵な恋愛に役立ててみてください。

提供元・KASHI KARI

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加