「第二の渡部建」確定?パンサー尾形、外国女性との不貞構想がバラされた!

「第二の渡部建」確定?パンサー尾形、外国女性との不貞構想がバラされた!

  • アサジョ
  • 更新日:2020/11/21
No image

お笑いコンビ・次長課長の河本準一が11月11日に自身のYouTubeチャンネル「河本じゅんちゃんねる」を更新し、後輩芸人パンサー・尾形貴弘が外国人女性を狙う理由を間接的に暴露した。

この日、「削除覚悟」の意気込みと共に河本がアップした動画では、占いを得意とする島田秀平による尾形への手相診断の様子を公開。実際には存在しない手相の線を列挙しながら、妻子持ちの尾形の“ウラの顔”を暴露していくというもので、その情報源は河本が「尾形軍団の後輩から山程かき集めた」超リアルなものだという。

島田は手始めに尾形の手相について「この生命線の内側にですね、ピッてこの線入ってません?」とフリップを使いながら指摘し、「これマジで、性欲が凄く、マグマのように燃えたぎってる人にできる線」と説明。“夜のサービス店に通っている線”だと表現すると、尾形は苦笑いを浮かべ、続けて「女性の影が見える。イニシャルがE」とも明かされてしまう。

他にも島田は、尾形がインスタグラムで好みの女性を物色し、彼女らのアップする写真を見ながら“セルフ”で慰めていることや、「日本の女性と遊ぶと記者にリークされちゃうから、オリンピック期間中に外国人をナンパすればバレないんじゃないかっていう線」「できればアフリカ系がいい線」などが手相に出ていると指摘。手相診断からあまりに具体的かつ生々しい情報が溢れ出ることから、尾形は「これ占いでもなんでもないでしょ!」「誰が言ってんすか、それ」と占い結果への不信感を強めていた。

「手相占いという仮面を被った尾形の暴露大会となった今回の企画。“削除覚悟”とのワードが動画タイトルに含まれている通り、尾形のヤバい浮気の構想が明かされ、尾形本人も河本から『全部合ってるの?』との質問に『はい』と告白。東京オリンピック開催を不届きな理由で楽しみにしていることがバレ、他にも個室居酒屋で女性を口説いていた際、芸人らしく話術でアプローチするのではなく、同期のスリムクラブの悪口を熱弁していたようです。尾形らしい“ウラの顔”ではありますが、バラエティ番組では愛妻家キャラとしてたびたび妻とラブラブな様子を見せつけてきましたから、アンジャッシュ渡部建のような過ちは犯さないでほしいですね」(芸能記者)

2021年夏の開催が予定されている東京五輪。コロナ禍の影響から、大会実現に向けては多くの課題が残されているものの、尾形だけは誰よりも強く予定通りの開催を熱望しているのかもしれない。

(木村慎吾)

アサジョ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加