北関東で断続的に雪 昼頃にかけて積雪の増加に注意

北関東で断続的に雪 昼頃にかけて積雪の増加に注意

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2023/01/25
No image

2023/01/25 09:34 ウェザーニュース

今日25日(水)も日本列島は今冬最も強い寒気に覆われています。北関東では局地的に雪雲が発達していて、断続的に雪が降っている状況です。昼頃にかけて雪が降りやすくなりますので、積雪の増加に注意をしてください。

シアーラインの周辺で雪雲が発達

栃木県から茨城県にかけては、冬型の気圧配置の時にしばしば現れるシアーライン(風の方向が変化する境界線)が形成され、その周辺で雪雲が発達しています。昨日24日(火)に雪を降らせた雪雲とは違い、内陸部や山沿いが中心です。

袋田の滝で知られる茨城県大子町では細かい雪が降り続いていて、地面が真っ白です。ウェザーニュース独自解析による積雪分布では、茨城県北部は5~10cmの雪が積もっている所があり、栃木県南部でもうっすら積もっています。

昼頃にかけて雪雲の発達しやすい状況が続き、さらに積雪の増えるおそれがありますので、注意が必要です。

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加