「インフルエンザや風邪と違う証拠が沖縄の今の実態。バカでも分かる」  屋外”脱マスク”議論...島根県知事が批判

「インフルエンザや風邪と違う証拠が沖縄の今の実態。バカでも分かる」 屋外”脱マスク”議論...島根県知事が批判

  • BSSニュース
  • 更新日:2022/05/14

屋外でのマスク着用ルール見直しについての発言が、各地で相次ぐ中、島根県の丸山達也知事は、感染が拡大している「沖縄の問題をちゃんと処理してからの話」と違和感を示しました。

島根県の丸山知事は13日の記者会見で、「インバウンドもマスクを外す話も、まずは沖縄の問題をちゃんと処理してからの話」と述べ、感染拡大が続く沖縄県の問題と、“脱マスク”の議論が同時並行している現状に違和感を示しました。

島根県 丸山達也 知事
「インフルエンザや風邪と違う証拠が沖縄の今の実態じゃないのか、当たり前でバカでも分かる事実」

また、新型コロナワクチンについて、若者の3回目接種率が上がらない現状に対しては…

島根県 丸山達也 知事
「風邪やインフルエンザと同じだと言ったのはあなた方でしょと、大したことないって言っちゃったのはあなた方政府でしょと、そしたらワクチンの接種率が上がらないの仕方がないじゃないですか、頭の中がお花畑だ」

このように述べ、政府の対応を批判しました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加