シティが1月にメッシ獲得へ 最大74億円+ガルシアのオファー提示か

シティが1月にメッシ獲得へ 最大74億円+ガルシアのオファー提示か

  • SPORT|スポルト
  • 更新日:2020/11/20
No image

1月にシティ移籍も...

マンチェスター・シティは来る冬のマーケットでレオ・メッシとの契約を考えており、数週間後にはFCバルセロナにオファーを出す準備を進めていると『The Sun』紙が伝えている。

イギリスの新聞によると、イングランドのクラブは、バルサとアルゼンチンのキャプテンの獲得に向けて5500万~6000万ユーロ(約67億8000万円~約74億円)の移籍金を2021年の初めに提供する予定があるという。

このオペレーションには、若きカタルーニャ人センターバックのエリック・ガルシアが含まれる模様。同選手は来年6月30日をもってマンチェスター・シティを契約満了で退団する可能性が非常に高まっている。よって、シティはバルサへの復帰を懇願するガルシアをメッシとの契約に含めてコストをダウンさせるようだ。

先日、代表活動からバルセロナに戻ったメッシは、財務捜査官に検査を受けるという不愉快な対応を受け、空港を後にする際には「クラブでいつも問題になることに疲れている」と不快感を示していた。このことからでも、メッシの不満が解消されていないのは明らかである。

ロサリオ出身のクラックは、今シーズン限りでバルサとの契約が満了する。メッシが公然と非難したバルトメウ前会長の政権は終わりを迎えたものの、来年1月の選挙で発足する新政権の誕生を待たずして、メッシがバルセロナを去る可能性も否定できない。

『The Sun』は、バルサがマンチェスター・シティのオファーを拒否した場合、メッシは来年夏にフリーでバルセロナを去ることになると主張している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加