広島・野村 2軍降格 佐藤輝に満塁弾を食らい「自分の投げたいところではなかった」

広島・野村 2軍降格 佐藤輝に満塁弾を食らい「自分の投げたいところではなかった」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/05
No image

5回、ピンチを迎え野村(左から3人目)ら広島ナインはマウンドに集まる(撮影・山口登)

「阪神7-3広島」(2日、甲子園球場)

広島の野村祐輔投手が4回0/35安打5失点で3敗目を喫した。試合後、今季2度目の2軍降格も決まった。

3-1の五回に逆転を許した。無死満塁で、この日初めて4番で起用されたドラフト1位・佐藤輝(近大)に右翼ポール付近へ痛恨の満塁弾を浴びた。その直後に降板を告げられた。

佐藤輝に打たれたのは外角を狙ったチェンジアップだった。右腕は「自分が投げたいところではなかった。少し内角気味に行ってしまった。そのあたりもしっかり投げ切らないといけない」と悔しさをにじませた。

試合後、佐々岡監督は「勝負できているところが、なかなかないというか。自分でリズムをつくれていない」と振り返り、次回登板について問われると「落とします」と2軍での再調整を明言した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加