菅総理長男ら接待問題 計12人延べ38件参加と総務省

菅総理長男ら接待問題 計12人延べ38件参加と総務省

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/02/22
No image

動画を見る(元記事へ)

菅総理大臣の長男らが総務省幹部を接待していた問題で、総務省は合わせて12人の職員が延べ38件の会食に参加していたと発表しました。

総務省の調査報告によりますと、国家公務員倫理規程に違反する疑いがある会食は12人、延べ38件で、いずれも東北新社側が費用を負担していました。

さらに、山田真貴子内閣広報官も総務審議官当時のおととし11月に菅総理の長男らと会食していたと明らかにしました。

これらのうち、11人は利害関係者に該当するということです。

菅総理大臣:「私の長男が関係して、結果として公務員倫理法に違反する行為をすることになった。このことについては心からおわび申し上げ、大変申し訳なく思います」

また、武田総務大臣は菅総理の長男らの接待によって「行政がゆがめられた事実は確認されていない」と強調しました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加