甲子園のマウンドが夏の初舞台 明豊2年森山、好投で昨夏のリベンジ

甲子園のマウンドが夏の初舞台 明豊2年森山、好投で昨夏のリベンジ

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2022/08/06
No image

"明豊―樹徳 六回裏、ピンチを切り抜け、ベンチ前で笑顔を見せる明豊3番手の森山(中央)=伊藤進之介撮影"

■大分・明豊 森山塁投手(2年)

コンビニ店長だった明豊監督 あの名将が喜んだ智弁和歌山との共通点

(6日、全国高校野球選手権大会1回戦 明豊7ー3樹徳)

大分大会決勝で甲子園出場を決めた瞬間は、グラウンドどころか、ベンチにもいなかった。だから、この日がこの夏初めての出番だった。

六回2死二、三塁。救援のマウンドへ。リードはわずか1点。「気持ちでは負けない」。逆転ムードにざわつく観客席の空気ごとねじ伏せるように、力のある直球で押した。一ゴロに仕留めてピンチの芽を摘むと、小さく拳を握った。

続く七回は130キロ後半の直球に落ちる変化球も織り交ぜ、三者凡退に。好投で流れを奪い返し、チームは八回に3点を追加して突き放した。初戦突破に、自然と表情が緩む。「相手に向かって行く自分の投球ができた」

秘めた思いがあった。

昨夏の甲子園の初戦、1年生ながら八回のマウンドに上がった。相手の勢いを止められず失点し、チームは敗退。1年後のリベンジを誓った。

だが、思うような日々は過ごせていない。右肩を痛めて冬場は満足に投げられなかった。その影響で、今夏の大分大会は1球も投じていない。

それでも、気持ちが折れないのが強さ。リベンジの舞台に立つ日を信じ、ひたすら体づくりに励んできた。「焦りはなかった」。結果、球速は上がり、持ち味の直球の質にも磨きがかかった。

間に合わせた大舞台。「甲子園球場に入った時から、すごく気持ちが高ぶっていた」。迎えた初戦は「今日は投げるつもりでいました。気持ち入れていました」。

この日の投球の自己評価を問われ、「100点」と言って、すぐに打ち消した。「90点くらいだと思います。長いイニングでどんくらい投げられるかが課題」。1年間の成長を甲子園でもっと確かめたい。「良い流れに乗って、最後、優勝という目標を達成できれば」

やり遂げたいことが、たくさん残っている。(平田瑛美)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加