災害復旧で活躍! 重機の講習会 全国への配備も 長野・小布施町

  • SBCニュース
  • 更新日:2021/11/25

災害時に備え重機の使い方を学んでもらおうと小布施町で全国の自治体職員などを対象とした講習会が開かれています。
小布施町の防災施設で行われている講習会は東京都のB&G財団が初めて企画したものです。
財団では災害時の土砂の撤去などに備え、今年度から全国の市町村に重機を配備したり、操縦ができる資格を職員に取得してもらったりする取り組みを進めていて講習会は、その一環です。
今回は、重機の訓練ができる施設を運営する小布施町の「笑顔プロジェクト」が指導などでも協力しています。
講習会は今月10日から行われていて、全国25の市町村からあわせておよそ60人が参加しています。

mosa

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加