ANAHD、社外取締役にリクルート峰岸会長 ゼクシィ創刊メンバー

ANAHD、社外取締役にリクルート峰岸会長 ゼクシィ創刊メンバー

  • Aviation Wire
  • 更新日:2021/11/25

全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(ANAHD、9202)は11月25日、社外取締役候補者としてリクルートホールディングス(6098)の峰岸真澄会長(57)を選任したと発表した。2022年6月開催予定の株主総会後に就任を予定している。総会後の取締役は11人となり、うち4人が社外取締役になる見通し。

No image

ANAホールディングスの社外取締役に就任予定の峰岸真澄リクルートホールディングス会長(リクルート提供)

峰岸氏は1987年4月にリクルート(現リクルートHD)入社。結婚情報誌「ゼクシィ」の立ち上げや住宅情報ブランド「SUUMO」の構築などに携わった。ANAHDは非航空事業を強化していく中で、峰岸氏の新規ビジネス創出などの経験や知見が必要と判断したとしている。

ANAHDの2021年4-9月期(22年3月期第2四半期)連結決算(日本基準)は、純損益が988億300万円の赤字(前年同期は1088億1900万円の赤字)だった。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で旅客需要の回復が遅れていることから、営業損益の黒字転換は第4四半期にずれ込み、通期の純損益は1000億円の赤字を想定している(関連記事)。また、航空事業に携わる人員を2025年度末までに3万人規模に削減する(関連記事)。

Tadayuki YOSHIKAWA

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加