日立のコードレス掃除機「パワかるスティック」レビュー、取り回しやすくサッと掃除

日立のコードレス掃除機「パワかるスティック」レビュー、取り回しやすくサッと掃除

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/05/03
No image

在宅時間が長くなってから、家の中の衛生面が気になるようになった――という人は多いのではないでしょうか。以前は週末にまとめて掃除していたという家庭でも、最近は「髪の毛やゴミを見つけたらサッと掃除したい」というニーズが増えています。そこで、コードレススティッククリーナーはより軽く、手軽に使えるタイプが人気です。

家電の専門家が使い倒す「注目のコードレス掃除機」10台チェック

中でも、日立グローバルライフソリューションズのコードレススティッククリーナーは軽くてパワフルなので、性別を問わず、幅広い層から支持されています。本体の重さが約1.4kgの最新モデル「パワかるスティック(PV-BL30H)」を使ってみました。

○バランスがよく、軽々持てる約1.4kg

持ってみると、その軽さに驚きます。約1.4kgは業界最軽量というわけではありませんが、本体の重量バランスがよく、とても軽く感じます。本体サイズは230mm×230mm×1,010mmで、ヘッドもコンパクトで小回りがよく、スイスイ動かせる手軽さが魅力です。

軽くするために、延長パイプは独特な形状となっています。延長パイプの中で強度が必要な部分とあまり必要でない部分を区別し、部分的に薄くすることで強度を保ちながら軽量化を図っているため、表面がボコボコしています。そのため、近くで見ると少々安っぽい質感です。

充電時間は約3.5時間で、標準モードでは最長40分(パワフルスマートヘッドを使用しない場合は約60分)、強モードは約8分。フローリングなどのホコリ、髪の毛であれば標準モードでも十分なので、長時間使えるのはうれしいポイントです。

また、バッテリーを外せるので、連続してもっと長時間使いたい場合は、もう一つバッテリーを買い足せば掃除時間がさらに延びます。バッテリーが寿命で使えなくなっても、メーカーに連絡せずに替えられるのもメリットです。カセット式リチウムイオン電池(PV-BEH900-009)は10,560円で購入できます。

○フローリングとカーペットでゴミ吸引テスト。結果は……

フローリングとカーペットに、それぞれ重曹とペット用のトイレ砂をまいてテストをしてみました。

フローリングのほうは、ヘッドのブラシが当たっているところはほぼ取り切りました。ヘッドの押し引きに合わせて後ろのフラップが開閉するシンクロフラップを採用しており、押したときもほぼ取り切っています。一般的なクリーナーは引いたときのほうがよくゴミを取りますが、押しても引いてもしっかりゴミを取るので、ブラシが通ったところはキレイでした。ただ、隅のほうは重曹と砂が少し残っています。何度か試してみたのですが、ペット砂を押し出してしまうことがあり、大きめなゴミは残る傾向も見られました。

カーペットの奥に入り込んでしまった重曹は、「強」モードでもなかなか取れませんでした。ヘッド内の圧力を調整してヘッドが床に張り付くのを抑えているので、フローリングでの取り回しはよいのですが、カーペットでは少々マイナスに働いてる印象。もう少し吸引してほしかったところです。カーペットがメインの床では少々物足りなさを感じるかもしれません。フローリングのホコリや髪の毛はしっかり吸えるので、フローリングの床に向いた掃除機といえます。

○ゴミ捨ての仕組みは優秀

ダストボックスの容量は0.15Lと小さいので、こまめに捨てる必要があります。ゴミ捨てはとても手軽で、お手入れは簡単です。ダストケース内で遠心分離の中心となる内筒部分のフィルターに髪の毛などが絡まりにくく、スルッと落ちて捨てられます。

ただ、フィルター部分は詰まりやすく、定期的にチェックが必要。フィルターに微細なゴミが詰まると、とたんに吸引力が落ちます。はっきり実感できるほどなので、フィルターやスポンジは付属の掃除ブラシでこまめな掃除が必要です。また、長く使うとニオイも気になってくるので、フィルターは水洗いも定期的にしたほうがよさそうです。

○小回りが利くパワフルスマートヘッドは「ごみくっきりライト」も便利

パワフル スマートヘッドは自走式で、ほどよい力で前に進んでいきます。ヘッド前面には、白色に加えて緑色のLEDライトを採用した「ごみくっきりライト」が新たに搭載されました。緑色は、人間がもっとも明るく感じる波長に近くなるとのこと。照らされたゴミとゴミの影の明暗差が大きくなるため、ゴミが見えやすくなるそうです。

さらに、合計7灯LEDの光を効率的に集める新設計のレンズで前方を照らしており、見えにくかったゴミを浮かび上がらせる効果があります。白い床だとホコリが見えにくいのですが、はっきり見えるので残さず掃除ができるようになりました。

ヘッドは小さく小回りが利きます。ヘッドの可動域も広く、狭い場所もどんどん掃除できて便利でした。ソファの下も本体を倒して奥まで届き、明るく照らしてくれるのでゴミを残さず吸い取れます。

○軽いのでハンディとしても優秀。高い位置も掃除しやすい

2WAYすき間ブラシが付属しており、ヘッドを交換して部屋中を掃除できます。軽いので高いところも手が疲れません。また、ふとん用吸口も付属しており、ふとんを衛生的に掃除できます。付属品はスタンドにまとめて収納しておける、いつでもサッと使えるのはうれしいですね。

軽いのでハンディクリーナーとしても使いやすく、高いところや棚の上、ふとんなども含めて家中を立体的に掃除できました。

○充電方法は改善してほしい

本体はスタンドに立てかけておけますが、置くだけでは充電できません。充電のたびに、電源コードのプラグを本体に差し込む必要があります。しかもプラグを差す位置が小さくわかりにくいので、毎回面倒に感じました。

掃除中は、電源コードがブランと床に落ちた状態になります。掃除のたびにプラグを外したり差し込んだりするのは使い勝手がよいとはいえません。充電台に置いたら自動で充電できるようにしてほしいところです。

とはいえ、本体そのものは軽くて使いやすいコードレススティッククリーナーなので、「気になったときにサッと掃除したい」というニーズにぴったり合っています。コンパクトで取り回しやすいので、女性やシニアはもちろん、重いクリーナーが苦手な人にもおすすめです。

石井和美 いしいかずみ 白物家電のレビューを行う家電プロレビュアー。 2018年より家電をレビューするためだけの一軒家「家電ラボ」を開設。日夜、家電製品のレビューにいそしむ。小型のキッチン家電などにとどまらず、エアコン、冷蔵庫、洗濯機といった大型家電を集めたレビューも手がけている。自身でも「家電Blog」を運営中。 この著者の記事一覧はこちら

石井和美

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加