NECやORIGINALなど3者が観光DX実証の第2弾を開始、ユーザー参加型のミッション機能を導入して回遊を促進

NECやORIGINALなど3者が観光DX実証の第2弾を開始、ユーザー参加型のミッション機能を導入して回遊を促進

  • クラウド Watch
  • 更新日:2023/01/25

日本電気株式会社(以下、NEC)、シティガイド「タイムアウト東京」を運営するORIGINAL Inc.、一般社団法人 日本地域国際化推進機構(以下、日本地域国際化推進機構)の3者は24日、スマートシティ伊勢推進協議会と連携し、観光を軸とした地域経営の実現に向けた実証事業の第2弾を、1月27日から開始すると発表した。期間は3月31日まで。

3者では、2022年7月22日から10月31日まで、伊勢市にてLINE公式アカウント「Desika:伊勢でしか」を活用した観光DX(デジタルトランスフォーメーション)実証を行ったが、今回はその第2弾となる。第2弾では、第1弾で得られた行動データを分析し、UXを含むサービス改善を施すとともに、さらなる回遊促進と滞在時間の延長を実現するため、ゲーム感覚で観光スポットなどを巡るミッション型コンテンツが楽しめる「ミッション機能」を、新たに導入する。

ミッション企画の構築は、「Desika:伊勢でしか」のガイドコンテンツを提供するタイムアウト東京が担当。参加者は伊勢市駅前エリアを中心に、「飲食店や地域店舗の写真を投稿する」「キーワードを見つけて入力する」などのミッションをクリアすることでコインを獲得でき、コインの獲得数が多い参加者2組4名を伊勢市内での宿泊に招待するとのこと。また、参加者には先着でノベルティー(限定ステッカー)を提供する。

なお、これらのサービスは、NECのイベントDXサービス「FORESTIS」を活用し、NECとORIGINALが共同で企画開発を行っている。

No image

ミッション画像(イメージ)

石井 一志

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加