「夕暮れに、手をつなぐ」NEWS増田貴久が登場! 〝ズビダバ〟仮面の男演じる「隠してたの楽しかった」

「夕暮れに、手をつなぐ」NEWS増田貴久が登場! 〝ズビダバ〟仮面の男演じる「隠してたの楽しかった」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2023/01/25
No image

「夕暮れに、手をつなぐ」第2話より(C)TBS

広瀬すずと永瀬廉(King&Prince)が出演するTBS系連続ドラマ「夕暮れに、手をつなぐ」(火曜後10・0)の第2話が24日、放送。NEWSの増田貴久(36)がサプライズ登場し、視聴者からは驚きの声が上がった。

※以下、ネタバレあり。

★「夕暮れに、手をつなぐ」第2話あらすじ

運命的で衝撃的な出逢いを果たした浅葱空豆(広瀬すず)と音(永瀬廉)。それっきり、もう一生会うことはないと思っていた2人だったが、不思議な運命の巡り合わせから、空豆と音は共同生活をおくる事に。そして、まさかの恋が始まる!…という展開だった。

第2話では、人気ユニット「ズビダバ」が音と対面。アリエル(内田理央)から仮面を外すよう促されたマンボウは「暑いんだよね、これ」と着用していたマスクを脱いで素顔を晒し、増田が演じていたことが判明した。

25日の公式インスタグラムでは見逃し配信を告知する動画で永瀬と増田がトーク。「増田さんだったんですね…」と振られると、「バレちゃってます?もう」とボケつつ、「隠してたのちょっと楽しかったからもうちょっと引っ張りたい…笑」と漏らしていた。

ツイッター上では「サプライズ!!めっちゃ嬉しい」「まっすー、びっくりした!」「マンボウの正体ビックリでした」と驚きの声が上がる一方、マンボウの正体が増田と予想していた人は少なくなかったようで「やっぱり 増田さんだった~」「正直なところ声でまっすーだと気づいちゃいました」「なんとなーく口元でまっすーかなぁーっておもったら合ってた笑」「バレバレだったのは言わないでおくね」などの反応が寄せられた。

「夕暮れに、手をつなぐ」は、とっくに恋に落ちているのになかなか恋が始まらない、夢追う2人の〝世界で一番美しい〟ラブストーリー。幼なじみを追って上京した女の子、空豆(広瀬すず)が、音楽家を目指すも鳴かず飛ばずの青年、音(永瀬廉)と運命的な出会いを果たし、ひとつ屋根の下でそれぞれ夢を追いかける。脚本は「Beautiful Life~ふたりでいた日々~」「ロングバケーション」などを手がけた恋愛ドラマの名手、北川悦吏子(えりこ)氏。2004年の「オレンジデイズ」以来、19年ぶりの青春ラブストーリーを描く。主題歌はヨルシカ「アルジャーノン」。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加