乃木坂46の新内眞衣 つかこうへい作品で初ヒロイン「全力で突っ走りたい」

乃木坂46の新内眞衣 つかこうへい作品で初ヒロイン「全力で突っ走りたい」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/01/15

俳優の味方良介(28)、乃木坂46の新内眞衣(28)が14日、東京・紀伊國屋ホールで行われた舞台「熱海殺人事件 ラストレジェンド~旋律のダブルスタンバイ~」の舞台挨拶に出席した。

No image

「熱海殺人事件 ラストレジェンド~旋律のダブルスタンバイ~」の一部シーン公開に登場した新内眞衣(左)、味方良介(右)(撮影・小田切 葉月)

同ホールは今年2月から改装工事に入るため、57年の長い歴史に1度幕を下ろす。同舞台は改装前最後の演目となり、主演を務める味方は「この劇場には独特の活力がある。自分たちのできること以上のことをやって、全力で燃え尽きたい」と意気込んだ。新内は同舞台で、捨て身の潜入捜査を行うヒロイン・水野朋子を演じる。「初めてのヒロイン役で緊張していますが、全力で突っ走って行きたいです」と語った。

演出の岡村俊一氏は、新型コロナ禍での公演に熱い思いを乗せる。稽古中の感染対策を問われると「マスクをして熱海殺人事件をやることがどれだけすごいことか、皆さんに公開したかったくらい。とんでもないセリフ量。みんな窒息しそうになる経験をしながら、苦しい稽古を続けました。俳優に感謝したい」と力強く話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加