「負けたのか?」横綱・照ノ富士の連勝記録が23でストップ...今場所初黒星に視聴者から動揺の声 阿炎・御嶽海は全勝守る

「負けたのか?」横綱・照ノ富士の連勝記録が23でストップ...今場所初黒星に視聴者から動揺の声 阿炎・御嶽海は全勝守る

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2022/01/14
No image

<大相撲一月場所>◇六日目◇14日◇東京・両国国技館

横綱・照ノ富士(伊勢ヶ濱)の連勝記録が23でストップ。前頭三枚目・玉鷲(片男波)が金星を挙げた。

結びの一番で波乱が起きた。37歳、休場知らずの鉄人・玉鷲は3場所連続優勝に向けて順調に白星を重ねる照ノ富士を突き落としで下した。照ノ富士は玉鷲ののど輪に後退。何とか残そうとするも、最後は土俵に手をつけてしまった。玉鷲は4勝目を挙げた。

この取り組みを受け、ABEMAで実況を務めた田中大貴アナウンサーが「玉鷲が下から突き上げていったことで、横綱が慌てたのでしょうか?」と聞くと、解説を務めていた元・天鎧鵬の音羽山親方は「そうだと思います。のど輪のところで、玉鷲は攻める、攻めるといった感じでしたけど、その後タイミング良く引いて、横綱が揺らいだところを叩き込んだ感じじゃないでしょうか」と返していた。

玉鷲の金星に視聴者からは「37歳で金星すばらしい」「魂のタマワシ」といった称賛のコメントが到着。一方、横綱の連勝ストップには「負けたのか???」「やっぱり初場所荒れるな」といった動揺する声が寄せられていた。

なお、ここまで全勝の前頭六枚目・阿炎(錣山)は、前頭九枚目・志摩ノ海(木瀬)を上手投げで破り6連勝を飾った。同じく全勝の関脇・御嶽海(出羽海)も前頭三枚目・遠藤(追手風)を押し出しで下し、順調に白星を重ねた。また、大関・正代(時津風)は前頭二枚目・逸ノ城(湊)に寄り切りで敗れ3敗目を喫した。(ABEMA『大相撲チャンネル』)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加