英大物歌手 脳腫瘍の20歳のミュージシャンに約800万円寄付 クラファンも立ち上げる

英大物歌手 脳腫瘍の20歳のミュージシャンに約800万円寄付 クラファンも立ち上げる

  • よろず〜ニュース
  • 更新日:2022/11/25
No image

人気デュオ・ユーリズミックスのデイヴ・スチュワート(70)が脳腫瘍の治療が必要な若手ミュージシャンに5万ポンド(約840万円)を寄付した。デイヴは英サンダーランドで活動するシンガーソングライター、フェイ・ファンタロウ(20)を自身のベイ・ストリート・レコードを通して契約。メンター役を担っているが、この病気を患うフェイがカリフォルニアでの臨床試験に参加できるようJustGivingを通して45万ポンド(約7600万円)のクラウドファンディングを募っている。

今年9月に浸潤性腫瘍と診断されたフェイは、幼少時代に2度の白血病を患っていた。医師らによると、13歳の時に2度目の白血病の治療で、骨髄移植で受けた放射線治療が原因の可能性があるという。そして浸潤性腫瘍の治療はカリフォルニアでの臨床試験が唯一の可能性で、治療費として45万ポンドがかかるという。

ちなみに同デュオで相方だったアニー・レノックスも、フェイのため1万ポンド(約170万円)を寄付した。

デイヴはフェイについてこう話している。

「君を、そしてその素晴らしい創造力を愛しているよ、フェイ。我々の時代の偉大なソングライター/アーティストの1人だ。我々は君を必要としている」

さらにフェイの地元サンダーランドでは26日、チャリティコンサートが開催。トム・A・スミス、ザ・レイク・ポエッツ、イヴ・コール、ロッティ・ウィリスなど地元アーティストが出演予定だ。

一方、スチュワートのサポートに関してフェイはBBCラジオにこう話していた。

「彼がこのためにお金を集めると言ってくれました。募金を手伝うと。私のコンサルタントに話してファンディングがすぐに始まりました」

「私のコンサルタントはカリフォルニアにいるワン医師に連絡し、その治療で良くなる可能性があると言ってくれたのです」

フェイのクラウドファンディングはJustgiving.com/crowdfunding/abigail-thompson-2から可能となっている。

(BANG Media International/よろず~ニュース)

よろず〜ニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加