八角理事長「左を差しての型がいい」御嶽海の攻め言及 V争い単独トップ

八角理事長「左を差しての型がいい」御嶽海の攻め言及 V争い単独トップ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2022/01/15
No image

玉鷲(手前)を寄り切りで破る御嶽海(撮影・河野匠)

<大相撲初場所>◇7日目◇15日◇東京・両国国技館

“眠れる大関候補”御嶽海が、お目覚めの7連勝で、優勝争いで単独トップに立った。

前日6日目に、横綱照ノ富士(30=伊勢ケ浜)から完璧な押し相撲で金星を奪ったベテラン玉鷲(37=片男波)との一番。立ち合いに押され、やや後退したものの左を差すと迷わず右をあてがいながら前進。玉鷲に突き押しの距離を与えず、危なげなく寄り切った。

報道陣の電話取材に応じた日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は「御嶽海は当たりの重さがある」と、簡単に下がらなかった立ち合いを評価。下がってからの攻めのうまさにも言及し「左をうまく差した。(それで玉鷲の)右肘が浮いて押せなかった。左を差しての型がいい」と技巧ぶりもほめた。差した場面も「押し込もうとしているから差せる。圧力がないと玉鷲に突き放される」と攻めの気持ちを察した。ここまでの7日間は「最高じゃないか。内容がいい。危ない相撲がない」と満点の評価。「優勝を2回会見しているのは強みだ」と後半戦にも期待した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加