パリコレにも尽力...京都の75歳「染め職人」に迫る

パリコレにも尽力...京都の75歳「染め職人」に迫る

  • Lmaga.jp
  • 更新日:2022/05/14

「夢」をキーワードに人生の輝く瞬間を浮き彫りにするドキュメント番組『LIFE 〜夢のカタチ〜』(ABCテレビ)。5月14日放送回では、京都の染色工房の代表で、この道50年の染め職人に迫る。

No image

「アート・ユニ」の運営から企画、営業、染色まですべての作業をおこなう西田さん (C)ABCテレビ

京都の住宅街に佇む、染色工房「アート・ユニ」(京都市右京区)。さまざまな布地に手描き染めで染色する珍しい技法で、世界的なアパレルブランドの染色も手がけている。その技術はパリコレでも評価されており、2022/23年秋冬パリコレクションでは日本出身のデザイナー・三宅一生による『イッセイミヤケ』のコレクションに手描き染めの布地が採用された。

そんな「アート・ユニ」で代表を務めるのが、西田清さん。工房では1階で型染めを、2階では手描きの染色をおこなっている。1階にはおよそ4000枚ものシルクスクリーンの型が壁面にズラリと並ぶ圧巻の光景。2階は長さ23メートルの布地を広げ、一気に染め上げる手描き染色が可能な空間に。

「ほかではやらないことをやる」をモットーに、日々新しい技法を探す西田さん。わずか0.01ミリグラム単位で染料を調整し、オリジナルの技法で染色している。工房で働くのは西田さんを含めて5人で、一番新しい職人は大学に通いながら弟子入りをした越本大達さん。2021年の春、正式に工房の一員になったそう。

越本さんは西田さんにとって初めての弟子で、歳の差はなんと50歳。「3年以内にすべてをマスターすること」と師匠に言い渡された越本さんは今回、京都・四条烏丸にオープンする「綿菓子店」ののれん作りに挑むことに。番組では越本さんの奮闘と、弟子の初挑戦を見守る西田さんに密着する。

この模様は5月14日・昼11時より放送される。

予告動画

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加