大谷翔平 初回にメジャー通算300奪三振 無死一、二塁のピンチしのぐ

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/06/25

「エンゼルス-ロイヤルズ」(22日、アナハイム)

エンゼルスの大谷翔平投手(27)が「2番・投手兼指名打者」で出場した。

投手として初回、連打で無死一、二塁のピンチ。ここでウィットJr.から内角直球で空振り三振を奪い、メジャー通算300奪三振をマークした。さらにメレンデスを左飛、ドジャーはスライダーで見逃し三振に仕留めた。

開幕から12登板連続の投打同時出場。打者大谷は前日の試合で今季4度目、通算10度目の1試合2本塁打を記録し、日米自己新となる1試合8打点をマークした。

投手としてはこの試合前まで5勝4敗、防御率3・28。9日のレッドソックス戦ではチームの連敗を14で止め、前回16日のマリナーズ戦では4連敗を阻止した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加