iPhoneで「Google ToDo リスト」をウィジェット表示する方法

iPhoneで「Google ToDo リスト」をウィジェット表示する方法

  • OTONA LIFE
  • 更新日:2023/09/19
No image

仕事やプライベートでやるべきことの管理に、ToDo機能付きのメモアプリやスケジュールアプリを使っている人も多いでしょう。そこで今回紹介するのが、「Google ToDo リスト」をiPhoneのウィジェットに表示して、作業のヌケ・モレを未然に防ぐ方法です。iPhoneユーザーはGoogle ToDo リストに馴染みがないかもしれませんが、タスク管理機能は優秀なので、ぜひ一度使ってみてください。

「Google ToDo リスト」はiPhoneのウィジェット表示に対応している

タスクの管理ができるスマホ用のアプリのなかでも、非常に優秀なのが「Google ToDo リスト」です。

Googleのサービスなので、iPhoneユーザーで使っている人は少ないと思いますが、Google ToDo リストは同一アカウントでログインすればスマホやパソコンで共有できます。

もちろん、GoogleカレンダーやGmailとも連携できるため、日常的にGoogleのサービスを使っているなら、かなり便利にタスク管理できるでしょう。

●Google「Google ToDo リストの使い方」は→こちら

そのような「Google ToDo リスト」は、2021年のバージョンアップでiPhoneのウィジェット表示にも対応しています。

これなら、iPhoneでも「Google ToDo リスト」を便利に使うことができますので、仕事やプライベートでヌケやミスが多い人は、ぜひ一度試してみてください。

●「Google ToDo リスト」は→こちら(iPhone)

No image

「Google ToDo リスト」は直感的に操作できるシンプル設計。タスクの詳細も書き込めるので、パッと見て自分が何をしなければならないかスグに把握できて便利です

「Google ToDo リスト」をiPhoneのウィジェットに表示してタスク管理を徹底する

iPhoneは、iOS 14でウィジェット機能が搭載されましたが、iOS 16からはロック画面にもウィジェットを配置できるようになりました。

iPhoneの画面にウィジェットを表示して、いろいろとカスタマイズしている人も多いでしょう。

OTONA LIFE | オトナライフ

No image

【iOS 16】ロック画面のカスタマイズ方法 – ウィジェットの追加方法も解説!https://otona-life.com/2022/09/18/136347/2022年9月13日に最新のiOS 16のアップデートがリリースされました。iOS 16ではさまざまな新機能が追加されましたが、なかでも、iPhoneのロック画面を自由にカスタマイズできる機能に注目が集まっています。そこで今回は、iOS 16のiPhoneでロック画面...

2021年からは「Google ToDo リスト」もウィジェット表示に対応しているので、わざわざアプリを起動しなくても、iPhoneのホーム画面を表示するだけでタスクを管理することが可能となっています。

ちなみに、「Google ToDo リスト」のウィジェットはアプリアイコン4つ分の正方形タイプと、アプリアイコン8つ分の横長タイプが用意されています。

タスクを簡易的に表示したい場合は正方形タイプ、内容までしっかり把握したい人は横長タイプを選ぶとよいでしょう。

「Google ToDo リスト」をウィジェットに表示する手順

No image

まず、iPhoneのホーム画面の何もないところを長押しします(左写真)。次に画面左上の「+」アイコンをタップしましょう(右写真)

No image

ウィジェット選択画面が開くので「ToDoリスト」を押します(左写真)。ここでウィジェットの表示タイプを選び、「ウィジェットを追加」をタップしましょう。今回は横長タイプにしました(右写真)

No image

ホーム画面に切り替わったら画面右上の「完了」をタップ(左写真)。すると、画面にウィジェットが表示されるはずです(右写真)

ホーム画面のウィジェットは長押しで表示内容を簡単に変更できる!

iPhoneのウィジェットに表示した「Google ToDo リスト」は、長押しすることで表示内容を変更できます。

デフォルトでは「マイタスク」に登録した内容が表示されますが、オリジナルで作ったリストに表示を変更したり、スター付きのものだけをピックアップして表示することも可能となっています。

もちろん、ウィジェットのタップで「Google ToDo リスト」を起動できるので、タスクの追加・編集もサクッとできますよ。

「Google ToDo リスト」のウィジェットの表示内容を変更する方法

No image

iPhoneに表示した「Google ToDo リスト」のウィジェットを長押しします(左写真)。メニューが開くので「ウィジェットを編集」を選びましょう(右写真)

No image

続いて「タスクリスト」画面が開くので「マイタスク」をタップ(左写真)。表示させたいリストのタイトルを選びます(右写真)

No image

選んだリストが反映されたら、どこでもいいので画面内をタップ(左写真)。すると、ウィジェットに表示されるリストの内容が変更されるはずです(右写真)

「Google ToDo リスト」のウィジェットからアプリを即起動する手順

No image

iPhoneに表示した「Google ToDo リスト」のウィジェットをタップします(左写真)。「Google ToDo リスト」が開くので、ここでタスクの削除や追加ができます(右写真)

まとめ

いかがでしょうか? 今回はiPhoneのウィジェットに「Google ToDo リスト」を表示する方法を紹介しました。

ホーム画面にウィジェットとして表示しておけば、ToDo内容が自然と確認できるので、やるべきことのヌケ・モレ防止に役立つでしょう。

普段からミスや失敗が多い人は、ぜひ「Google ToDo リスト」を利用してみてください。

By OTONA LIFE

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加