阪神 “川相塾”終講「祝賀会呼んで」愛情たっぷり1時間20分指導「あとは継続」

阪神 “川相塾”終講「祝賀会呼んで」愛情たっぷり1時間20分指導「あとは継続」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/02/23
No image

つかの間の“教え子たち”と記念撮影する川相臨時コーチ

「阪神春季キャンプ」(22日、宜野座)

阪神宜野座キャンプで臨時コーチを務めた川相昌弘氏(56)が22日、約3週間の指導期間を終えた。巨人のレジェンドながら、守備だけでなく、バントの技術も惜しみなく伝授し、継続することの重要性を説いた。最終日も約1時間20分の“川相塾”を開講。3年連続で両リーグワーストの失策数を記録した守備力向上を信じ、リーグ優勝した暁には、優勝祝賀会への招待をお願いした。

夕暮れ時のサブグラウンドで、最後の“川相塾”が始まった。受講生は佐藤輝、大山、木浪、小幡、中野、糸原、北條の7人。ラストレッスンも二人一組のゴロ捕球からスタート。基礎練習の繰り返しと継続こそ、川相臨時コーチが最も伝えたいことだった。

「今日も基礎的なことしか言っていない。長いことプロ野球選手、コーチとしてやらせてもらいましたけど、この部分が一番大事だと思う。そこから枝葉を出して花を咲かせるというね。あとはもう継続してやっていくしかないなと思います」

チーム失策数は3年連続両リーグワーストで、V奪回へ守備力向上は不可欠。現役時代に6度のゴールデングラブ賞を獲得した名手に、首脳陣は“再建”に向けた白羽の矢を立てた。

約3週間、グラウンドだけでなく、ステイホテル時間を利用して、コミュニケーションを図った。内野手とライングループを作成。シートノックの映像や名手オジー・スミスらメジャーリーガーの好プレー集も共有。技術の伝授はもちろん、選手の疑問に答え、個々の課題と向き合った。

今キャンプは8試合で9失策。ベースカバー遅れや中継プレーの乱れなど記録に表れないミスもあり、志は半ばだ。それでも「僕は良くなると信じてますし、もし良くならなかったら、僕の指導が悪かったんじゃないかと思います」とまで言い切った。

練習前のあいさつでは「ぜひ優勝してください。応援しています。優勝したら、その時には祝賀会に呼んでいただけたら(スケジュールは)空けておきますので楽しみにしています」とエールを送った。最終日の指導は約1時間20分。最後は球団旗をバックに記念撮影し、愛情たっぷりに語りかけた。教え子の成長を信じて実りの秋を待つ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加