EXITりんたろー。、兼近大樹からの暴露にタジタジ「言わないでって言ったじゃん」

EXITりんたろー。、兼近大樹からの暴露にタジタジ「言わないでって言ったじゃん」

  • モデルプレス
  • 更新日:2021/09/15

【モデルプレス=2021/09/15】お笑いコンビ・EXITりんたろー。兼近大樹)が15日、都内にて開催された発表会に出席し、暴露トークを繰り広げた。

No image

(写真 : EXIT(C)モデルプレス)

【写真】藤田ニコル×兼近大樹、ベッドやハグで密着イチャイチャ

◆りんたろー。、兼近大樹からの暴露にタジタジ

囲み取材では、イベント内容にちなんで、「年末にかけて、どんな賞を獲りたい?」との質問が向けられた。

兼近は「“EXIT第2章”を始めていきたいです」とボケを炸裂させたが、すぐに、りんたろー。から「“章”違い」と却下された。そのりんたろー。は、昨年「ネイルクイーン2020」の「メンズ部門」に選出されたが、「今年は、僕はネイルクイーンのメンズ部門を獲れたらいいなと思います」と2年連続受賞に意欲。

一方、「賞にあまり興味がない」という兼近は、コンビで獲得したトロフィーなどは全部、りんたろー。が持ち帰っていることを明かし、「この間、ビックリしたのが、(りんたろー。)が自分の家のトイレに、自分の賞をいっぱい飾っていて、『なんでトイレに賞を飾っているの?』って聞いたら、『来た女子は絶対にトイレに行くから、そのときに自分のすごさを見せつけて』って」と暴露。

りんたろー。は「止めてよ。それ、言わないでって言ったじゃん。マジで嫌なんですけど」と恨み言をこぼし、一連のやり取りに会場は盛り上がった。

◆EXIT、大黒摩季を巡り口論

また、トークでは、EXITの2人が、お互いを評価する企画が行われた。

りんたろー。の「対応の早さ」に高得点を付けた兼近は、「LINEとかをするスピードが僕はそんなに早くないんですよ。一緒に入っている関係者のグループLINEとかで、(りんたろー。は)ずっと返し続けていて、たまにWi-Fiよりも早く返ってきているときがあるんですよ」と、兼近流にりんたろー。の「対応の早さ」を説明。

りんたろー。は、「違うんですよ。みんなのグループLINEなのに、(兼近は)一切、返さないで、シカトするんですよ。僕と兼近と大黒摩季さんのLINEグループがあのですが、大黒摩季さんをずっとシカトしてるんですよ。大黒さんというあんなに素晴らしい方をシカトするわけにいかないじゃないですか。僕が返していくしかないんですよ」と熱弁。

しかし、この辺りからトークは危うい方向に進み、兼近は「『うるせーなー』って思ってますから(笑)、大黒摩季さんとりんたろー。さんのやり取りを見せられるこの気持ち!」と続け、りんたろー。が「ヤバいっすよ」、「やめてくださいよ」と制止するも兼近は「どうやったら、タイミングよく抜けられるのかなと」と返答。それを受けてりんたろー。は「これ、流れるんだよ!」と焦りの表情を浮かべた。

ただ、兼近は「りんたろー。さんが大黒摩季さんとやり取りをしている間、個人LINEで、『今度、ごはん行こうね』とか、2人きりのやりとりはしてます」と告白。りんたろー。は「ホントに許せないですよ」と憤慨し、「コロナ前なのですが、大黒摩季さんがおススメしてくれたところでごはんをしたことがあって、兼近はちゃんとお代を払われていたらしいんですよ」と続けた。兼近が「先に大黒摩季さんが払ってくれていて」と相づちを打つと、りんたろー。は「それを聞いたんで、いつも食べないものとかを食べて、ちょっと高めに行っちゃったんですよ。食事が終わったら僕のときはちゃんと伝票が出てきて、『僕はお金がかかるんだ』、『LINE返してんの俺だぞ』みたいな」とボヤいた。

トークは暴走を重ねるばかりだったが、MCが「だんだん離れて行っているので、引き取っちゃっていいですか」と2人のやり取りを“強制終了”。この展開に、会場では爆笑が巻き起こっていた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加