【1月26日の舞いあがれ!】第80話 飛行機部品試作のため、舞と笠巻は元社員の小森に相談を...

【1月26日の舞いあがれ!】第80話 飛行機部品試作のため、舞と笠巻は元社員の小森に相談を...

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2023/01/25
No image

「うめづ」で、舞(福原遥)と笠巻(古舘寬治・左)は、元従業員の小森(吉井基師)にある相談をする

福原遥が主演のNHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」(月曜~土曜8時・土曜は一週間振り返り放送)。1月26日は第80話が放送される。五島の祥子たちは、あるアイデアを思いつき…。

舞(福原遥)たちが試作を請け負った飛行機部品は、扱ったことのない硬い金属のため、うまく製造できない。そこで最古参の笠巻(古舘寛治)が、よその機械を借りようと言う。そこはかつてIWAKURAで働いていた小森(吉井基師)の転職先だった。一方、五島では、信吾(鈴木浩介)が皆を集め、五島に人を集める策がないか相談する。そこで「釣り教室」というアイデアが持ち上がり、祖母・祥子(高畑淳子)は舞に電話をする。

あんなふうに空高く飛びたいー。ものづくりの町・東大阪で暮らす舞は、長崎の五島列島に住む祖母のもとでばらもん凧と出会い、空への憧れから、やがてパイロットを目指すように。飛行機づくりに情熱を燃やす仲間と共に、舞の夢は大空へと飛び立っていく。語りは前々作「カムカムエブリバディ」で英語の先生を演じた、シンガーソングライター・さだまさしが担当する。主題歌はback numberの「アイラブユー」。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加