【スカッとLINE】妬み?マウント?面倒な女友達のうまい交わし方LINE5つ

【スカッとLINE】妬み?マウント?面倒な女友達のうまい交わし方LINE5つ

  • 美人百花.com
  • 更新日:2022/09/23

妬みやマウントをする人の心理のひとつとして、相手を見下していたり自分よりも格下だと思っていることが挙げられます。今回は、そんな面倒な女友達のうまい交わし方LINEをリサーチ。この返し、使えますよ!

面倒な女友達のうまい交わし方LINE

(1)「今のって妬み?逆に嬉しい~」

「昇格して32歳で管理職になった私。それをSNSに投稿したら友達から『仕事に必死だね~女性の幸せって仕事だけじゃないよ~(汗)』と送られてきたので『今のって妬み?逆に人から妬まれる存在になれて嬉しい~』と冗談交じりに返信しました。スッキリ!」(32歳/保険管理職)

“妬まれる=がんばった証拠”と捉えているポジティブ思考さん。友人関係に亀裂が生じないためにも、あくまでも冗談っぽく送るのがポイントなのだそう。

(2)「今度奢ってもらっちゃお~っと」

「友達から『ボーナスで何買った?私はバーキンお迎えしたんだ~』と自慢されたので『すごーい!稼いでいるんだね!じゃあ今度奢ってもらっちゃお~っと♡』と返しました」(31歳/IT関連)

ボーナス3桁を自慢され、それにのっかる上手なマウント返し! 自慢系LINE全般に使えそうですね。

(3)「紹介して~!」

「彼氏ができた友達から彼氏の大手企業勤め自慢、年収自慢、イケメン自慢をされ、『彼氏の周りも優秀な人ばかりで、類は友を呼ぶって本当なのかも~』とLINEがきました。婚活中の私は『その彼氏の周りの独身で優秀な人、紹介して~!いつ紹介してくれる?』と返したら返事がこなくなったので半分は嘘なのかも」(27歳/美容関連)

マウント自慢をされたらそれを有効活用!「いつ?」と具体的に話を進めたあなたのほうが上手(うわて)だったようですね。

(4)「お金について勉強してきたから黒字」

「会社を辞めて独立し、ハンドメイドショップと投資をはじめました。友達から『それって儲かるの?w』と見下されたLINEが送られてきたので『お金について勉強してきたからむしろ黒字だよ』と返したら、『私も投資に興味があって~』と絡んでくるように」(29歳/個人)

自信に勝る説得力はなし!彼女の自信が友達をあっと言わせたよう。

(5)「よく言われる~でも違うから」

「私の彼氏は年収1000万超えの商社マン。彼氏の職業を知ると複数人の女友達がそろいにそろって『浮気してそう~浮気されそう~』と。でも『よく言われる~でも彼は違うし私も信じているから』とハッキリLINEを返すとそれ以上何も言ってこなくなります」(28歳/会社受付)

自分の意見をしっかりと伝えることで二度と同じマウントはされなくなります。

上手に交わしたら距離を置いて心の健康をキープ!

妬みやマウントをしてくる女性が周りに多ければ多いほど、心が疲れることが多いでしょう。今後のお付き合いを含め、人柄をよく見極めるのが賢明。上手な交わしLINEを送った後は、心の健康を考え、距離をとるのもいいかもしれませんね。

書いたのは

No image

出典:美人百花.com

美泉菜月さん
恋愛心理士、恋愛アドバイザー、メンタル心理カウンセラー。国家資格であるキャリアコンサルタントの資格を保持。年間1,000人以上の夫婦を円満に導く夫婦アドバイザーとしても活躍している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加