清原果耶、優等生演じた「望み」場面写真 堤幸彦監督「怖いくらい巧い」

清原果耶、優等生演じた「望み」場面写真 堤幸彦監督「怖いくらい巧い」

  • 映画.com
  • 更新日:2020/09/15
No image

演技力を監督が絶賛 (C)2020「望み」製作委員会

堤真一石田ゆり子が夫婦役で初共演した映画「望み」から、2人の長女・雅を演じた清原果耶の場面写真が披露された。

クローズド・ノート」「検察側の罪人」の雫井脩介氏が執筆時、最も悩み苦しみ抜いたという小説を映画化。「愛する息子は殺人犯か、それとも被害者か」という“究極のシチュエーション”に置かれた一家の運命を描き出す。

清原が演じた雅は、成績優秀でいつも明るい中学3年生。一流高校受験のラストスパートに手ごたえを感じていたが、兄の規士(岡田健史)がとある事件に関与していると知る。兄のことは大好きだが、自分の輝かしい未来が壊されると焦っていく役どころだ。場面写真では、いかにも優等生の雅が自分の部屋で受験勉強に取り組んでいる熱心な様子が切り取られている。

No image

映画初主演作「宇宙でいちばんあかるい屋根」(公開中)や、2021年春のNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」のヒロインに抜てきされるなど、活躍著しい清原。メガホンをとった堤幸彦監督は「噂には聞いていたが、怖いくらい巧い。完璧以外の何者でもない演技でした。今後の日本の映画やドラマを引っ張っていくことは間違いないでしょう。すでに多くの作品で評価されている方ですが、『望み』もそのなかのひとつであってほしいです」と絶賛している。

望み」は10月9日から全国公開。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加