若者にとっては普通だが...40代が「持っていない価値観」3つ

若者にとっては普通だが...40代が「持っていない価値観」3つ

  • 幻冬舎ゴールドオンライン
  • 更新日:2021/11/25
No image

日本人は持ち家に住むのが当たり前でしたが、昨今、若い人を中心に家を持たず、旅をするように暮らす生き方が話題になっています。家族持ちや企業に勤める40代には絵空事のような暮らしですが、どうなるのでしょうか。※本連載は松尾一也著『40代から深く生きる人、浅く生きる人』(海竜社)の一部を抜粋し、再編集したものです。

【関連記事】40代になると「人生がつまらなくなった」と感じてしまう理由

「感謝」「リスペクト」「シェア」の3つの価値観

▼浅く生きる人=エゴが強いまま

価値観も多様化して、ほとほと参ることがありますね。価値観の多様化は愉しむことがポイントとはいえ、特に若い人たちの文化は未知なことばかり。タピる、女装・美容男子、完全草食系、イケボ(イケメンボイス)などなど。

私は大学生や専門学生などの若者にも講義をする機会も多く、彼らと接して気づいたことがあります。

若者が大切にしている価値観は、まずは「感謝」。常に感謝を口にする習慣が目立ちます。

親や友だちへも素直に「ありがとう」を言う光景をよく見かけます。お店でも店員さんに「ありがとうございます!!」と気持ちのよいレスポンスをしています。

彼らにとって感謝の念を持つことが欠かせないようで、それをLINEスタンプやSNSでもキッチリ表現しているようです。これは我々世代とは顕著に違っています。「いつか言おう、言わなくても察してよ」はもう完全に時代遅れです。

次に「リスペクト」。お互いにリスペクト(敬意)を持たないと関係性が続かないとも言います。無論、これは若者世代ばかりではなくどの世代でも同じですが、彼らは特に重要視しています。

逆に友人や仲間をがっかりさせることが一番イヤなことで、信頼関係を築くように心がけているようです。これもあまり過敏になりすぎると生きづらくなりますが見習うべき文化ですね。

そして「シェア」。ルームシェア、カーシェア、洋服のシェアなど多彩です。わかち合いの精神はかなり進化しています。

我々世代までは所有する欲求が強く、「オレの車」「オレの家」「オレの彼女」自慢が激しかった記憶がありますが、今はそんな話題にはあまりなりません。そんな感性の若者が増えていることは事実なので、気持ちのよいところは進んで取り入れたいものです。

感謝、リスペクト、シェアの好循環に乗り遅れないように!

ライフスタイルを大きく変えられるか?

▼浅く生きる人=固定観念の呪縛から抜けられない

都市部に在住であれば誰でも味わう通勤ラッシュの苦痛。どこの車両を選ぶのか。どのポジションを確保するのか。まわりにガーリックなどの異臭を放つ人がいないか。神経質そうな乗客はいないか。混雑したホームで人とぶつからずに歩くのも至難のワザです。

そんな日常を改善したいと思う40代もたくさんいることでしょう。

私も休まず、遅刻せずに出社することがリーダーシップとして大事なことと思っていましたので、「痛勤」の問題はずっとなんとかならないものか悩んでいました。

でも、根本的に考え方、生き方を変えればそんな日々からも解放されるようになってきて、週に1回くらいの出社であとは自宅や近隣のコワークスペースで従来の仕事をこなせば成り立つリモートワークの時代が到来しました。

これを書いている今、新型コロナウイルス問題で推奨されたテレワークや在宅勤務が現実となり、一気に舞台がまわった感じがします。無論、メンバーがたまに直接会って交流を深める時間は大切ですが働き方もおのずと進化してきました。時代の流れにはナチュラルに対応することです。

もうひとつの生き方にアドレスホッパーというものがあります。

日本人は稲作文化の時代から定住することが当たり前でしたが、昨今、若い人を中心に家を持たず、旅をするように暮らす生き方が話題を呼んでいます。最低限の生活必需品だけにして、行きたいところへ自由に行き、Airbnb(エアビーアンドビー)のサイトを活用したり、民泊をしたりして、時折仕事に戻る。

家族持ちや企業に勤める40代には絵空事のような暮らしですが、徐々に身近なものになっていく気がします。家賃や住宅ローンという固定費をなくし、実家や知人の家を利用する多拠点生活も多様化した現代のひとつの形です。

かくいう私自身、これからは自分のマンションの将来の経年劣化問題やマイカーの買い替えなどから解放されて自由に生きてみたいという願望もあります。夏は高原の庵で、冬は温暖な海辺の庵で「人間学寺子屋」が夢です。

なにごともありえないと思わずに検討してみる価値はあります。ライフスタイルも「生きがい」を中心に考えてみる時期です。

松尾 一也

株式会社ルネッサンス・アイズ

松尾 一也

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加