札幌、徳島でプレー...ブラジル人の元Jリーガーが交通事故で死去

札幌、徳島でプレー...ブラジル人の元Jリーガーが交通事故で死去

  • ゲキサカ
  • 更新日:2021/06/11
No image

北海道コンサドーレ札幌徳島ヴォルティスでプレーしたFWジオゴが交通事故で死去した。享年38。10日、ブラジル『CBN マリンガ』が伝えている。

ブラジル人のジオゴは、2011年夏に札幌に加入。J2リーグで15試合に出場して3得点を挙げていた。翌年には徳島に移籍。J2リーグで26試合3得点。その後は母国ブラジルに帰国していた。

ジオゴは9日の午後11時ごろ、バイクを運転中に柱に激突。救急車が呼ばれたものの、現場で死亡が確認されたという。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2021シーズンJリーグ特集ページ

●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加