ベンゲル セスクの復帰を拒否した理由明かす「ここを出て行ったら...」

ベンゲル セスクの復帰を拒否した理由明かす「ここを出て行ったら...」

  • SPORT|スポルト
  • 更新日:2020/10/16
No image

元アーセナルのセスク

アーセン・ベンゲルは、アーセナルで悪い前例を作りたくなかったため、セスク・ファブレガスの復帰を許さなかったと語っている。

ファブレガスは、2011年にFCバルセロナへの移籍を強行する前に、アーセナルで8年間を過ごした。プレミアリーグの地で同選手は212試合に出場していた。

スペインでの生活が終わると、ファブレガスはプレミアリーグへの復帰を希望し、アーセナルへの復帰を希望し、コンタクトを取っていた。しかし、ベンゲル監督は同選手の要求を無視し、スペイン人MFは最終的にチェルシーと契約した。

ファブレガスの再契約を拒否した理由を説明したベンゲルは、次のように語っている。「それは、選手たちに“ここを出て行ったら、もう戻ってこれない”ということを認識させるための、私からの一般的な指導だったんだ。ティエリ・アンリ、ソル・キャンベル、イェンス・レーマンとは状況が違う。若くして去っていった選手に、それをするのが私は好きではなかった」

また、ファブレガスも当時を振り返り、次のように語った。「私の代理人がアーセンに連絡した。彼は正直に答えを言ってくれなかったし、アーセナルからの返事を待つために丸一週間待たなければならなかった」

「勿論、これは僕のファーストチョイスだったけど、僕の心の中ではアーセナルに行くってみんなに言ってたんだ。でも、1週間、アーセンもガジディス(前CEO)も何も言わなかった」

「3時間あれば復帰して欲しくないと言えたはずだから、他のチームと話をすることもできたはずだ。彼らは1週間待っても返事をくれなかったが、それ以来、未だに返事はない」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加