阪神馬場ローテ争い残った3回0封「攻めた投げ方」

阪神馬場ローテ争い残った3回0封「攻めた投げ方」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/02/23
No image

練習試合 阪神対DeNA 6回から登板する馬場皐輔(撮影・清水貴仁)

<練習試合:阪神1-4DeNA>◇23日◇かりゆしホテルズボールパーク宜野座

先発再挑戦中の阪神馬場皐輔投手が開幕ローテ争いで生き残った。DeNA戦に3番手で登板し、3イニングを2安打無失点。

「攻めた投げ方ができて良かった」と納得顔だ。1イニング目の6回には一塁走者に計6度もけん制球を投げ、捕手原口の二盗阻止をアシスト。「けん制のタイミングも自分で考えました」と充実感を漂わせた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加