納豆パスタじゃなくても納豆は使えた件

納豆パスタじゃなくても納豆は使えた件

  • LEON レオン オフィシャルWebサイト
  • 更新日:2021/10/14

みなさんこんにちは

LEON.JPのタカハシです。

秋といえば、芸術、スポーツ、で、食ですね〜。

ゲージュツに関しては、お届け中のアート特集であれこれチェックしていただけたら幸いです。

さて、タカハシ的な秋の楽しみはやっぱり食。

ずっと緊急事態宣言下だったので、すっかり自炊グセがつき、最近は常にアレとコレをああしたら美味いかも。

なんてことを考えてばかりおります。

そこでふと思いついたのが、パスタに納豆。

ん? フツーじゃん。

そう思った方、そのとおり。納豆パスタは日本人の考案した最強パスタ。

ただ、今回は納豆が主役ではないんです。

主役は玉ねぎ。納豆を隠し味というか、調味料として使ったらどうだろう、と思ったんです。

では思い出しつつ、そんときの「玉ねぎのパスタ」の再現レシピをまずはご紹介します。

玉ねぎ……中玉1/2

にんにく……ひとかけ

アンチョビ……チューブで4cmくらい

ケーパー 5〜6粒

鷹の爪……中サイズ半分(好みでどうぞ)

納豆!……小さじ1

パスタはフェットチーネ……2玉

飲みながらちょっと食べたい、ってときの量なので、がっつりいきたい人はお好みで増やしてくださいませ。

で、作り方。超簡単です。

1 玉ねぎはをスライスに切る。にんにく潰してみじん切り。

2 フライパンにオリーブオイルをたっぷり。で、にんにくの香りがつくまでオイルを弱火で熱して、鷹の爪、そして納豆! を投入。納豆の色がちょっと濃くなるくらいまで弱火で火を入れます。にんにくを焦がさないように注意。ようはアーリオオーリオの要領。

3 ほどよく火が入ってきたら、玉ねぎ投入! 飴色になるまでじっくり火をいれます。このパスタの唯一骨の折れるところです(笑)。アンチョビは玉ねぎがしんなりしてきたくらいで投入。このタイミングでパスタも茹で始めます。私は塩がっつり入れてますが、好みで。

4 パスタが茹であがったら玉ねぎのソースとフライパンであえて、お皿へ。ケーパーをさらりと乗せたら完成!

と、まぁ、それっぽく書いていますが、ほぼ思いつきで当てずっぽうに作ったんで、若干適当です(汗)。

なので、途中の写真もなにも撮っていません。スミマセン。

そして完成したのがこちら!

No image

盛り付けが下手であれなんですが、、

納豆がちょっと見えますよね。

で、実食した結果!

これが思った以上にコクが出ていて美味しかったんです。

ちなみに納豆感はほとんどありませんが、思ったよりは感じるかも。納豆苦手な人は小さじ半分にしてもいいかな、と思います。

実は納豆がどう出るかは不安だったんですが、いい塩梅に旨味が出て玉ねぎの甘みに深さをプラスしてくれたのでした。

というわけで、秋の夜長、ほろ酔いのときにちょっと小腹が減ったなぁ、なんてときにぴったりかなと。

だいたい家にあるもので作れちゃうので、なんもない〜ってときに良かったらぜひ。

ちなみに玉ねぎのパスタはよく作るんですが、これはタカハシのオリジナルってわけじゃなく、某代々木の名店イタリアンで食べたものを自分なりに再現していたものであります。

ではまた!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加