タイガーエア・台湾、エアバスA320neoを初受領

タイガーエア・台湾、エアバスA320neoを初受領

  • Traicy
  • 更新日:2021/04/08
No image

タイガーエア・台湾は4月8日、エアバスA320neoを初受領した。

台湾の航空会社として初めて、エアバスA320neoを導入するもので、今後15機を導入することを計画している。エンジンはプラット・アンド・ホイットニー社製のPW1100Gエンジンを装備し、エコノミークラス最大180席を備える。

エアバスA320neoは、最大航続距離が3,200海里で、台北から約7時間飛行できることから、輸送能力の増加やアジアでの新路線の開拓が見込まれる。また、単通路機で運航コストが低く、従来機との高い共通性を保持している。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加