映画『魔女の香水』黒木瞳や桜井日菜子が出演、香水に魅せられた女性の成長物語

映画『魔女の香水』黒木瞳や桜井日菜子が出演、香水に魅せられた女性の成長物語

  • ファッションプレス
  • 更新日:2023/01/25

映画『魔女の香水』が、2023年初夏に公開される。黒木瞳、桜井日奈子、平岡祐太が出演する。

No image

“香水の香り”テーマの女性の成長物語

映画『魔女の香水』は、香水の香りをテーマに女性の成長を描く物語。正社員になることを夢見る派遣社員の若林恵麻は夢を失いそうになるも、“魔女さん”と呼ばれる香水屋の店主・白石弥生と出会い、“香り”の力で徐々に成長を遂げ、人生を切り開いていく。

恵麻と実業家・横山蓮との間で繰り広げられる恋愛模様や、サイドストーリーとして描かれる一組の夫婦の物語にも注目だ。

登場人物

■主人公・白石弥生…黒木瞳

“魔女さん”と呼ばれるミステリアスな香水屋の店主。香りを通して人が持つ可能性や、困難に立ち向かう力、愛する人への思いなどを伝えて導いていく。弥生役は、映画『仄暗い水の底から』主演、『十二単衣を着た悪魔』では監督を務めた黒木瞳が演じる。監督の宮武は「白石弥生というキャラクターは黒木をイメージした当て書き」だと語っている。

■若林恵麻…桜井日奈子

正社員を目指して派遣社員として頑張るものの挫折。未来に希望を持てず、自分に自信を持てずにいたが、弥生から伝授された“香り”の力で次第に成長を遂げていく。映画『ママレード・ボーイ』や『ういらぶ。』などの人気少女漫画の実写映画で主演を務め、”岡山の奇跡”として脚光を浴びCM、ドラマ、舞台等で活躍する女優・桜井日菜子が抜擢された。

■横山蓮…平岡祐太

恵麻の憧れの男性で実業家。映画『スウィングガールズ』で第28回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞後、安定した演技力で話題作への出演が続く。

■杉斗…落合モトキ

挫折する恵麻に夜の街で出会う青年。物語後半で重要な人物に。子役からの演技歴が長く、若手実力派として数多くのドラマや映画に出演している。

■高渕霧子…小西真奈美

恵麻が働く会社のクールな女性上司。初出演映画『阿弥陀堂だより』で、第26回日本アカデミー賞新人俳優賞。数々の映画作品において多数の賞を受賞している。ドラマ『小児救命』『Nのために』『半分、青い。』などで幅広い役柄を演じ、音楽活動も行っている演技派女優。

■榊亮太…宮尾俊太郎

弥生の過去で重要な役割を担う。バレエダンサーとして活躍するほか、テレビやミュージカルにも出演している。

■原舞…水沢エレナ

独身時代はホステスとして働き、その頃から弥生の店の常連。妻の原舞を演じるのは、連続ドラマ「恋空」で主人公を演じ、その後もドラマ・映画で活躍する。

■原翔…小出恵介

舞の夫。映画『パッチギ 』で注目され、その後数々のドラマ映画の話題作への出演が相次ぐなか拠点をニューヨークに移し、2020年より日本での芸能活動を再開。2023年2月には主演映画『銀平町シネマブルース』で本格的に映画復帰を果たした。

監督・脚本は宮武由衣

制作統括は菅原智美。宮武由衣が脚本を書き下ろし、監督を務めた。

【詳細】
映画『魔女の香水』
公開時期:2023年初夏
出演:黒木瞳、桜井日奈子、平岡祐太、水沢エレナ、小出恵介、落合モトキ、小西真奈美、宮尾俊太郎
監督・脚本:宮武由衣
助監督:谷口正行
制作統括:菅原智美
撮影監督:髙間賢治
企画:358プロジェクト
企画協力:エメラルド倶楽部、TBS スパークル
音楽:小林洋平
照明:上保正道
録音:弦巻裕
美術:岩本一成
編集:岩本裕一
製作:クロスメディア
配給:アークエンタテインメント

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加