【恋のLast Vacation】才色兼備な22歳現役女子大生の加入で大波乱 終盤での加入にアンガ田中らも騒然

【恋のLast Vacation】才色兼備な22歳現役女子大生の加入で大波乱 終盤での加入にアンガ田中らも騒然

  • ENCOUNT
  • 更新日:2022/11/25
No image

第9話でまさかの新メンバー加入【写真:(C)Paravi】

インドネシア生まれのシンガポール育ちという経歴の持ち主

田中卓志(アンガールズ)、松村沙友理、一ノ瀬楓の3人がMCを務める恋愛バラエティー番組「恋のLast Vacation」の第9話がParaviで独占配信されている。終盤に差し掛かったところでまさかの大波乱が巻き起こった。

同番組は海の家という職場を舞台にアルバイトをしながら、男女が恋をしていく。夢に向かって頑張っている若者たちが夢の途中、人生の休暇中にアルバイトをしながら新しい恋を見つけるのがテーマだ。

女性陣は、女優志望のりな(22)とりさ(23)、元「BiS」で歌手のペリ・ウブ(22)、元「STU48」でタレントのさき(20)。男性陣は、メンズグループで活動するこーた(23)、モデル志望のケビン(20)、そして「DISH//」北村匠海の実の弟で美容師をしながら音楽活動をしているたいき(22)、モデルのケミー(24)の8人。

8話で、思いを寄せるりさから現在はケミーに気持ちがあると明言されてしまったこーた。9話では、りさとともに楽曲作りを行うシーンからスタートした。思いを寄せるりさとの時間に喜びの表情を見せるこーた。今後も一途な思いであることを真っすぐに伝えた。

そして、場面はバイト4日目の朝。男性メンバーが海の家に行くと、そこには新たな女性メンバーの姿が。思わずMC陣も「まだ増えるんだ?」「ここで?」「聞いてないよ?」と驚きの表情を見せた。迎え入れた男性メンバーも驚きで興奮を抑えられない様子。また、女性メンバーも「えぇ!」と言葉にならない様子だった。

終盤戦で参加した女性メンバーは22歳のまいり。現役の早稲田大学生でインドネシア生まれのシンガポール育ちという経歴の持ち主だ。一ノ瀬も「コロッといきそうですね」と絶賛だ。

新メンバーの存在で女性陣の雰囲気はガラリと変化。りさとさき、さらにまいりでケミーを“奪い合う”形となった。一方でこれまでりさに対して一途な思いを貫いてきたこーただったが、まいりの加入で心が揺らぎ始める。

次回では、“逆襲”に燃えるメンバーたちがそれぞれの意中の相手に積極アプローチ。終盤戦でも目まぐるしく変化するメンバーの動きにも注目だ。

ENCOUNT編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加