パドレス・ダル 白星が...4勝目ならずも「全体的には良かった」

パドレス・ダル 白星が...4勝目ならずも「全体的には良かった」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/05/16

◇ナ・リーグ パドレス11ー6ブレーブス(2022年5月13日 アトランタ)

No image

<ブレーブス・パドレス>先発したダルビッシュ有(AP)

ダルビッシュ有ってどんな人?略歴、トリビアも!

パドレスのダルビッシュがブレーブス戦に先発し、5回2/3を9安打5失点で勝敗は付かなかった。「(打球は)ハードヒットが多かったわけではない。全体的には良かった」。乱打戦の試合後、さばさばと振り返った。

2点リードで迎えた6回、2死から3連打を許し1点差に。当たり損ねがことごとく安打になり「(打ち取った)遅い打球だと仕方がない。自分はやれることはやった、と考えている」。2死一、三塁から登板した元阪神のスアレスが逆転3ランを浴び、4勝目はお預けとなった。

スアレスの乱調で右腕の白星が消えたのは今季2度目となったが、打線が奮起し再逆転した。4月17日のブ軍戦では直球を軸に6回2/3を4安打1失点に抑えたダルビッシュ。この日は「(曲がりの)大きいスライダーを中心に組み立てた」と相手の狙いをかわし、粘りの投球を見せた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加