マレット型パターが苦手な人にもおすすめ!テーラーメイド「スパイダー FCG」

マレット型パターが苦手な人にもおすすめ!テーラーメイド「スパイダー FCG」

  • スポーツナビDo
  • 更新日:2021/05/04
No image

海外の多くのツアープロが愛用する、テーラーメイドのパター。なかでも「スパイダーシリーズ」はより高い安定性とより構えやすさが人気です。そこで今回は、クラブフィッターの小倉勇人さんに、「スパイダー FCG」を試打してもらい、その特徴を語っていただきました。

テーラーメイドのスパイダーシリーズについて

No image

スパイダーと聞くと思い出すのは、おそらく最初の「スパイダーX」というモデルだと思います。多くのプロがいろいろなトーナメントで使用して優勝するシーンを見た方も多いでしょう。

もともとスパイダーというパターはマレットタイプで、後方の左右にウェイトを付けてミスに強くオートマチックでやさしいパターとして生まれました。

No image

プロアマ問わずすごく人気になり大ヒット。ネックの形状はベントネックというシャフトが曲がった形状からスタートして、センターシャフトが生まれ、今は多くのプロが使っている比較的操作のしやすいショートスラントへと進化しています。

進化をしてきたネック形状ですが、後方にウェイトを付けてミスに強いヘッドというのはずっと継承されています。

ただ、重心が後ろにあるとちょっと扱いにくい、うまく打てないというゴルファーも必ずいます。「スパイダーは上手く使えないけど投影面積があると構えやすい」という声に応えるように生まれたのが、今回ご紹介する「スパイダーFCG」です。FCGという意味はForward Center of Gravityの略。直訳すれば前重心です。

スパイダーFCGパターの性能の特徴

No image

スパイダーXの後に付いていた重心を前に置くことで、操作性が向上したパターになりました。

No image

転がりの良いPURE ROLEインサートや、ホワイトトゥルーパスTアライメントで構えやすさやフェースの向きといった点はそのままに、ブレードの振り心地をマレットで実現したモデルといえると思います。

No image

実際マレットは、構えやすさと重心位置の設計の自由度というところがメリット。それを逆手にとって、マレットの形をしているけど重心を前に持ってきてブレードの振り心地を実現しているパターに仕上がってます。

おすすめのユーザー

プロが好むショートスラント、ブレードタイプにも採用されるクランクネック、それからフェースバランスになりやすいベントシャフトの3種類のネック形状があり、幅広いゴルファーに対応できる設計になっています。深重心のマレットが苦手な方に扱いやすいパターになっていると思います。

マレットが苦手で今まで打ちづらかったという人には、ぜひ一度手に取って試打してもらいたいパターですね。

※ご迷惑をおかけしますがこちらの動画は再生できません。

テーラーメイドの他のパターもチェック!

No image

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。

スポナビGolf

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加