地震・津波避難訓練で顔認証の実証実験【熊本】

地震・津波避難訓練で顔認証の実証実験【熊本】

  • TKUテレビ熊本
  • 更新日:2021/11/25
No image

テレビ熊本

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

荒尾市の小学校で、地域住民と児童が参加する地震と津波を想定した避難訓練が行われました。

訓練では、顔認証システムで住民の避難状況を把握する実証実験も行われました。

荒尾市立有明小学校で行われた避難訓練。

児童が運動場に避難し、津波警報を受け住民も高台の体育館に避難しました。

今回の訓練では、スマートシティを目指す荒尾市とNTTドコモによる顔認証システムを使った実証実験が行われました。

熊本地震の際も同様ですが、通常、避難所の受け付けではこのような避難カードに避難者の情報を手書きで提出し受け付けが行われます。

しかし、事前に家族の情報を登録しておけば、顔をかざすだけで受け付けがスムーズに行われ、災害対策本部でもリアルタイムで市内の避難状況を把握することができます。

さらに、情報は医療支援の有無や食料配給の計画にも役立てられ、事前の設定で許可された親族などに避難状況を知らせることもできます。

【荒尾市スマートシティ推進室 宮本 賢一 室長】

「避難所で顔認証を使うだけでなくいろんな価値を重ねて、住民に登録してもらうことを推し進めていくべきと思う」

荒尾市では引き続き、将来的な配備に向けて問題点や課題を検証することにしています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加