アフターピルってどんなお薬?医師が基本的な情報を教えます!!

アフターピルってどんなお薬?医師が基本的な情報を教えます!!

  • 美人百花.com
  • 更新日:2021/06/09

「アフターピル」という薬があることは知っているものの、いまいち知識がないレディが多いのではないでしょうか。今回は、アフターピルの基本的な情報について「大阪美容クリニック」理事長の南真実子先生にお話を伺いました。

アフターピルの種類や飲み方について教えてください。

アフターピルには大きく分けて、2種類あります。ヤッぺ法といって、中用量ピルを1度服用しさらにその12時間後に再度服用する方法と、レボノルゲストレルを1回のみ服用する方法です。いずれも性交後72時間以内に服用が必要です。なお、レボノルゲストレルは72時間を超えても120時間以内であれば効果があるという報告もありますが、添付文書には72時間以内と記載されています。

アフターピルの副作用を教えてください。

副作用としては嘔気、嘔吐、下腹部痛、頭痛などがあります。ヤッぺ法の方が副作用は起こりやすく、半分近くの方に嘔気を認めます。

アフターピルを服用するときの注意点とは?

ヤッぺ法の効果は妊娠阻止率が57%、レボノルゲストレルの効果は妊娠阻止率が85%という報告があります。レボノルゲストレルは効果が高いですが、いずれにしても100%妊娠しないというわけではありません。また、性交から時間が経てば経つほど効果は下がるため、できるだけ早く服用することをおすすめします。アフターピルよりも低用量ピルを毎日服用した方が避妊の効果は高いため、アフターピルを年に何回も服用される場合は、低用量ピルを服用することを検討された方が良いと思います。ヤッぺ法の場合、気分が悪くなる方が多く、嘔吐してしまうこともあります。服用して2時間以内に嘔吐すると薬の効果が得られず、再度服用が必要になります。ご心配な場合は吐き気止めの処方が可能な場合もあるため、医師に相談して下さい。

教えてくれたのは

「大阪美容クリニック」理事長 南真実子先生

No image

出典:美人百花.com

大阪医科大学医学部卒業後、初期研修を経て大阪医科大学産婦人科教室に入局。主に、腹腔鏡手術、不妊治療、周産期治療などに従事し、産婦人科専門医を取得。検診業務にも従事し、マンモグラフィー読影認定医を取得。女性がいつまでも健康で美しく輝いていられるよう、更なる高みを目指して、美容医療、アンチエイジング医療を行う。大手美容クリニックで活躍後、2017年大阪美容クリニックを開院。婦人科・美容皮膚科を通じて、女性をトータルにサポートできるよう診療を行っている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加