NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
台風6号が沖縄本島に最接近 速度遅く長時間影響か

台風6号が沖縄本島に最接近 速度遅く長時間影響か

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/07/21
No image

動画を見る(元記事へ)

強い台風6号は沖縄の南の海上を発達しながら西に進んでいます。この時間、沖縄本島地方に最も近付いているとみられます。

沖縄本島地方には20日の夕方から暴風警報が出されています。

この時間、雨は強くありませんが、風が強まってきていて、国道沿いの街路樹が時折大きく揺れています。

沖縄を発着する空の便、そして離島を結ぶ海の便は21日はすべて欠航することが決まっています。

台風6号はこの後、時速15キロ程度のゆっくりとした速度で西に進み、宮古島には22日夕方、石垣島には23日に最接近する見込みです。

台風の速度が遅いため、宮古・八重山地方は長時間にわたって暴風の影響を受けることになりそうです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加