マスクマナー「職場でNGの色・柄」に違和感の声、「テーブル直置きNG」はすでに浸透?

マスクマナー「職場でNGの色・柄」に違和感の声、「テーブル直置きNG」はすでに浸透?

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2021/02/23

ビジネスシーンにおけるマスクマナーが、2021年2月23日放送のモーニングショー(テレビ朝日)で取り上げられた。

No image

番組ではビジネスインストラクターが教える、仕事上つけて良いマスクと、NGなマスクをパネルで紹介。ツイッターでは「マスクマナー」がトレンド入りし、番組で紹介されたマナーに対する違和感を訴える声が上がっている。

出演者「マスクすることが大事なんだって」

番組では、「淡い色系が好印象、原色系は威圧感がありNG」「黒・紺・グレーはスーツやシャツに調和していなければNG」「イラストや柄は相手に気を遣わせNG」といったマスクマナーを紹介。それぞれビジネスシーンで着用して大丈夫かどうか、出演者に回答させる形式だった。

これらのマナーに対し、コメンテーターの青木理さんは「どっちでもいいんじゃないの」などと発言。回答を求められた玉川徹さんは、

「全部マル(編注:着用OK)だよ。マスクすることが大事なんだって。柄とか関係ないよ、マナーとしては。人にうつさない、自分がうつらないことが最大のマナーだよ」

と返答し、羽鳥慎一アナウンサーが「それ大前提で話進んでますから、それ言い始めたらもう...」と困惑する一幕もあった。

このコーナーに対し、ツイッターでは、

「てっきり『鼻出し顎マスクはNG』とか『マスクしても咳エチケットを心がけましょう』とかだと思ったら、柄モノNGとか白シャツに黒NGとかバカバカしい」「正しくマスクしてるなら、色・形・素材なんて何でも良いと思うけど。マナー警察とか出現したら鬱陶しいなぁ」「白いシャツに黒マスクは色の調和がないからダメって、じゃー黒いスーツに白マスクもダメだろ」

といった声が多く上がっている。

なお、番組では柄物の例として、人気漫画「鬼滅の刃」の主人公・竈門炭治郎の着物柄のマスクがイラストで登場。出演者からは、河野太郎行革相が過去の国会で着用していたとの指摘があった。河野大臣は番組終了後の23日12時過ぎ、一般ユーザーの番組に関するツイートを引用する形で「ヤメレ。」と投稿している。

テーブルに直置きはダメ?ウレタンはNG?

マスクについて柄や色で判断することに対しては疑問の声が多かったが、素材や扱い方に関してはマナーとして定着し始めているものもある。

例えば、番組でも紹介されていた「マスクはテーブルに置かない」というもの。特に飲食店などで見られるが、利用客にマスクカバーを渡し、机の上に直置きするのを防いでいる。

こちらに対しては、

「外したマスクをテーブルに直置きしないで欲しいし、それをそのまま置いて帰らないで欲しい」「使いかけのマスクをそのままテーブルなどに置くのは不衛生だなぁ〜と感じてました」「飲食店のテーブルにマスク置くならカバンに入れといてって思ってしまう...」

とツイッターでも賛同の声は多い。

また番組には登場していないが、「素材はウレタンではなく不織布」を着用することも、医療機関など場所によっては求められる。国立研究開発法人「理化学研究所」(理研)のスーパーコンピューター「富岳」が行ったシミュレーションによれば、ウレタンや布に比べて不織布の方が、飛沫の飛散を抑えられるという。

ただ、必ずしも不織布マスクをつけなければならないということではなく、理研チームリーダーの坪倉誠氏は「その日の体調や外出先のリスクを考えてマスクを選んで」と発表動画でコメントしている。

ウレタンマスクの着用に関しては、

「やはりウレタンマスクは、そろそろやめて欲しい」「あえてマスクマナーを言い出すなら、ウレタンNG、布は控えて、不織布が推奨くらいじゃない」「別に日常生活でするんなら柄入りでもガーゼでもウレタンでもスカーフでもどうでもいい」「不織布マスクでも、布マスクでも、ウレタンマスクでも好きなんでええやんか。白でも黒でも柄でもなんでもいい」

と賛否両論あるようだ。

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加