【夢のクルーズトレイン】上質な列車旅を体験できる「TRAIN SUITE 四季島」の魅力とは?

【夢のクルーズトレイン】上質な列車旅を体験できる「TRAIN SUITE 四季島」の魅力とは?

  • MonoMax Web
  • 更新日:2022/11/25

鉄道好きなら一度は経験してみたいクルーズトレインの旅。
東日本を周遊する「TRAIN SUITE 四季島」は上質な列車旅を体験できると名高いクルーズトレインの1つ。日常では味わえない至福の時間をもたらしてくれる“四季島”の魅力とは?

東日本を周遊する上質なクルーズトレイン

No image

上野駅を出発駅とし、東日本を中心にクルージングする「TRAINSUITE 四季島」。運行から5周年を迎え、ますますサービスの品質に磨きがかかっている。編成は10両で、乗車定員はわずか34名。客室は四季島スイート(メゾネット)、デラックススイート(フラット)、スイートの3タイプから選べる。

No image

トップグレードの四季島スイートとデラックススイートは、特製の檜風呂を備えた贅沢仕様だ。スイートにはシャワールームがあり、こちらも快適さ、心地よさともに申し分ない。いずれの客室も和モダンの洗練されたインテリアが心を落ち着かせてくれる。

No image

5号車の「LOUNGE こもれび」では暖炉とピアノの調べがくつろぎのひとときを満たし、いつでもお好みのお酒やドリンクが愉しめる。6号車の「DINING しきしま」は、沿線各地で採れる食材を駆使し、記憶に残る料理をテーマに訪れる先々の名店のシェフが乗り込んで料理の腕をふるうという粋な趣向でもてなしてくれる。

No image

そして先頭と最後尾にある展望車両のダイナミックな車窓からは、四季折々で変化に富む各地の美風景がときめきをもたらす。魅力に満ちあふれた上質な列車の旅は、誰にとっても素晴らしいご褒美になるだろう。

魅力に満ちあふれた車内空間と美食

No image

6号車の「DINING しきしま」では旬の魚を使ったにぎり寿司も堪能できる。

No image

名店のシェフが乗り込んで料理の腕をふるうフランス料理のコースも人気。

No image

四季島スイートはメゾネット仕様で、2階には見晴らしのよい和室がある。

文/渡瀬基樹

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加